2018年01月11日

我が家で過ごすお正月

あけましておめでとうございます。
 弊社の仕事始めは4日、社員の元気な顔を見て、さっそくお客様への挨拶回りに出かけました。
 
 お正月休みって、あっという間に過ぎていきますね。
 ここ数年、我が家のおせちは、よく行く割烹「竹若」でお願いしている二段重です。ちょっと贅沢かな・・・と思いながらも、飲みにいくと、つい調子に乗っちゃって、「今年もお願いね」と、口が滑ってしまう。

20180101_105953.jpg


 我ながら調子いいなと思いつつ、お米は専用の田んぼで特注しているというこだわりの店だけに、おせちも毎年、見目麗しく、仕事はていねい。
 これも夫婦ふたり、がんばったご褒美ですね。
 田作り、数の子などの祝い肴もいいのですが、私の好きなのは、黒豆に添えてあるチョロギ。おせちでは、縁起をかついで「長老喜」と書きます。
 カリカリした食感が昔から大好き。そして錦巻に赤い蛸!歯ごたえが抜群! 
 要はお酒に合うものが好きなんですね(笑)。

 元旦の朝は、主人と新年の挨拶を交わし、お屠蘇をいただいてから、お重を広げます。
 お雑煮は作りますよ! 鶏のお出汁に醤油でほんのり色づけして、大根、人参、三つ葉、お餅、柚子を少し。
 年末から飲み過ぎ、食べ過ぎだなと思いながらも、お正月くらいは、ね(笑)

 氏神様にお参りに行き、箱根駅伝を見て、3日は成田屋の新橋演舞場へ。毎年恒例の成田屋さん新春公演です。
 三が日を楽しみながらも、主人も私も経営者なので、新年の訓示は何を話そう、戌年にちなんで何かいい言葉ある? と、頭を悩ませているうちにお休みは過ぎていきました。新年の挨拶はHPトップにも掲載していますので、ご覧いただけますとうれしいです。

2018年 新年のご挨拶

 我が家で過ごす、毎年同じお正月。お屠蘇やお餅、お年玉も歳神さまへの捧げものをお裾分けいただくもので、魂をいただく「お年魂」とも言います。
 お正月の一連の行事は、新しい年を迎えて、元気に過ごせますようにと感謝と捧げて、新しい年に向かう決意を固めるものです。
 “我が家流”で十分! 同じことを型通りやることで、「またお正月がきたな」と安心できます。
 何事もコンビニ化するスピード社会ですが、年の始めは決まったことを決まったように。安心感と共に、腹を決めて、今年も突っ走ります。
 本年もどうぞよろしくお願い致します。

20180101_102157.jpg
posted by 古谷 治子 at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

運がいい人、悪い人

クリスマスパーティで、なんと!ハワイ旅行が当たりましたー! 一等賞!ふだん、抽選は当たらない方なのですが、最近はくじ運がいいみたい。
 先日も「どうせ当たらない」と思っていたら、「テーブルカード、ブルーの方!」「私だー!」、「では、番号6番!」「ひゃー!あたったー!」。ビックリです。
 が、しかし!!!
 司会の方が「よく見てね」と囁くから、なんだろう? と、思ったら・・・。
 旅行券はひとり分、食事はついてない、飛行機はエコノミー!?え? え? えぇ〜、なにコレ、一人でハワイ行かないよー。
 うん、これどうしましょう。ワタクシのくじ運は、まだまだ未熟でした(笑)。

20171224_191530.jpg


 運がいい人って、いますよね。悪い人との差はなんでしょうか? 
 これを数年に渡って調べた奇特な人がいます。
 リチャード・ワイズマン博士、イギリスの心理学者です。彼によると、運がいい人も悪い人も、未来予測する能力に差はないのだとか。
 ただ、運がいい人には共通した思考、行動パターンがあるようです。そのいくつかを挙げてみます。

@トライする機会が多い Aコミュニケーション力 B幸運に期待し成功を記憶する

 @、確かに機会が多ければチャンスも増えます。Aは、情報収集と勘を磨くための訓練にもなります。
 Bは究極のポジティブシンキング。ダメだと思えば失敗する、できると思えば案外できる。そして成功の刷り込みで、自分に自信をつけるのです。
 なるほど、くじでも何でも、「どうせ当たらない」と思えば、運も寄ってこないというわけですね。

 意外に思われますが、古谷は案外、慎重派で気が小さいタイプです。不安にならないよう行動するのです。
 その点からすると、@やAはできているかもしれません。
 あとは、Bの幸運体質を鍛えれば、豪華ハワイ・ペア旅行が当たるかもしれませんね(笑)。
 年末年始は抽選やおみくじなど、自分を試す機会も増えます。どうせなら、いい運を引き寄せるイメージで、よき年の始まりに致しましょう。
 私も強運のイメトレをしながら年末年始を過ごします。
 今年も1年、ブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。 
 皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいね。

20171204_134129.jpg
posted by 古谷 治子 at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

感動的な贈り物は?!

年の瀬が迫ると、お世話になった方へのご挨拶に回ります。そう、おもたせの季節です。
 家庭画報や婦人画報を参考にお取り寄せをしますが、問題は賞味期限。
 「すぐ食べて」という生ものは、仕事相手には不向きです。また、お値段の張るものも返って気を遣わせてしまいます。
 お煎餅なら葛飾の「富士見堂」や神田の「淡平」、京都から取り寄せるなら「和久傳」や「亀末廣」、ハム・ソーセージなら「ターブルオギノ」や岐阜の「キュルノンチュエ」、王道なら「とらや」や「銀座ウエスト」・・・こうして挙げると、お菓子が多いですね。
 困ったときは、銀座の和光やホテルのショップなど、ひと味違ったものをセレクトしているお店に出かけます。
 最近は、秘書のTさんに、「あなたの好きなものを」とお使いを頼みますが、きっと彼女は困っていることでしょう(笑)。

image1.jpeg


 贈り物で大事なのは、相手を思うことです。甘党? 辛党? 家族は? グルメ? 健康志向? など情報収集が肝心。喜んでもらってこそなんぼ! です。
 次に意外性や話題性。見た目は地味だけど、食べると異様に美味しいとか、相手をちょっと驚かせるおもしろさを盛り込めたら、印象に残るはず。
 
 食べ物以外で、おすすめなのはハンカチ。タオルハンカチは、おばちゃん臭いからダメです! 美しいレースのもの、男性には大判でイニシャル入りなど自分では買わないものをいただくと嬉しいものです。

 辛党の私はスイーツよりも、食材に心ときめきます。
 新米とお漬け物、こんなにあったの? というコンビーフ、おかず不要の佃煮や梅干し、贅沢な調味料や野菜セットも休日の料理が楽しみになります。
 ヘルシー志向の最近は、甘酒やトマトジュースも嬉しいですが、今までで一番感動したのは、K出版のS社長からいただいた「桃太郎ぶどう」! 
 マスカットの一種で、桃のようにくぼんだ粒が鈴なりずっしり! 皮ごと食べられて、果汁がじゅわ〜っとフルーティー!! さすがのセレクトでした。
 生ものNGとか言っておきながら、あらあら、自分が嬉しいのは、ほぼ生ものですね。笑!

image2.jpg

posted by 古谷 治子 at 11:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする