2019年03月08日

「正しい辞め方」の取材を受けました

2019年2月 月間 社長の現場カレンダー

 6日、夕方のニュースを見て驚きました。3月1日〜2日に開かれた深夜国会、職員等の残業代がなんと2200万円超え! もちろん全て税金です。働き方改革に逆行した数字を、国会の先生方は、どうご覧になっているのでしょうか?

 ひと月の残業時間の上限は45時間ですが、近年は残業ゼロの動きが加速しています。残業して手当が出ると可処分所得が増えますが、ゆとり世代以降は給料より休み、早く帰ることを優先するようですね。

 離職の原因は、想像していた仕事と現実のギャップ、残業など労働環境問題、そして人間関係が3大要因と言われます。大卒新入社員の離職率「3年3割」は、もはや定説。厚生労働省発表の「新規学卒者の離職状況」を見ると、最近の20年間はずっと30%以上。2009年入社を除くと、一度も30%を下回っていません。

 経営側にとっては、売り手市場の中、時間と費用を投入し苦心して採用した社員が、やっと戦力になる頃に辞めてしまっては、もう落胆しかありません。

 上記3つの原因は経営側にも大きな問題はありますが、近頃はそれ以前に、若手の辞め方も問題となっています。経営者と話すと、メールやSNSで退職の意向を伝えてくるという事例も珍しくありません。

 先日は、某大手出版のP社から、「会社の正しい辞め方について」の取材を受けました。離職防止のセミナーを開催している弊社に、「正しい辞め方」とは、驚きです。出版社によると「あまりに酷い辞め方をする人が多く、誰も教えてくれないので」とのこと。確かに、会社が辞め方を教えてくれる訳はありませんが、愕然とするようなことが普通に起こる昨今ですね。

 退職は、就業規則に沿って3ヵ月前には申し出るのが常識です。それだけ時間を要するのは仕事の引継や取引先への挨拶、様々な手続きが必要だからです。とは言え、そんな常識は通用しない世の中になってしまいました。


 退職にショックを受け、辞め方に怒り、また採用に苦心する。そんな負のサイクルに陥らないよう、離職防止は経営側の必須課題となりました。

 若手が思う“働きやすさ”の追求する、お金ではなく時間の余裕、または評価制度を詳らかにするなど、各社が様々な対策を講じています。弊社では、そんな事例をご紹介しつつ離職防止や女性活躍についての研修や講演も行なっております。古谷も本テーマで登壇しておりますので、是非ご相談ください。悩める経営者の方々の一助となればと幸いです。



osusume_02.jpg
■ 女性リーダー養成プラン ■
posted by 古谷 治子 at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

東京の女性経営者の数は?


20180511_091056.jpg


 1月は新年会が続きましたが、最も活気があったのが東京商工会議所 女性会の新年パーティです。椿山荘東京に約300名、すべて女性経営者・女性役員で、まぁ、にぎやかなこと! みなさん、各テーブルを回って、喋って話してご挨拶、毎年感じることですが、女性経営者はパワフルです。
 パーティでは毎年最後に抽選会を行いますが、昨年に続いて今年も70代のパワフル経営者が1等賞を引き当てました。彼女は毎朝、起きてすぐ、「今日もいい日だ、いいことある!」と、自分に言い聞かせるそう。あさイチですよ! このポジティブさが運を引き寄せているのか。とにかくエネルギッシュです。 

 東商・女性会の設立は1949年、今年9月で70周年を迎えます。会員数は334名(昨年3月末)、交流会等を通じて手を取り合い、女性活躍推進のための活動やビジネス研修、社会貢献を行っています。会に賛同した女性経営者、役員であればどなたでも入会可能。女性会は全国416の商工会議所にあり、会員数は22,000人を超えています。毎年、女性起業家大賞を実施し、創業・事業革新に取り組んでいる女性起業家を応援しています。

 ちなみに全国に女性社長は何人くらいいるのでしょうか。東商リサーチによると、昨年11月調べで41万1,969人。企業数に対する女性社長の比率は全国平均で13%と少ないですが、前年比で0.5ポイント増、8年連続で上昇しているのは頼もしいことです。
 都道府県別では東京都が最多で10万4,641人、最も少なかったのは島根県で1,428人。産業別では小資本で起業しやすく、資格を活かしたサービス業が5割を占めています。
 出身大学では1位が日本大学、2位東京女子医科大学、3位に慶應義塾大学という興味深いデータもありましたが、気になるのは、上場企業の女性社長は全体のたった1%ということ。執行役員を含めてこの数字ですから、女性活躍推進がまだまだ途上であることを示しています。
 少子高齢化が進む中では後継者探しにあえぐ企業が多く、経営面でも女性の力を大いに活用すべきです。女性は概して発想が柔軟、商品開発や新市場創造といった分野でも活躍が期待できます。育児や介護といった分野でも女性の感性がもっと生かされるべき。弊社グループでも、世にでる女性が増えるように、今年も女性活躍推進に力を注いでいきます。

osusume_02.jpg

■女性リーダー養成プラン■

posted by 古谷 治子 at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

セミナーに来たからには・・・。

1月23日、マネジメントサポート 神奈川支店にて無料セミナー『研修体験会』を実施いたしました。

 昨年11月に神奈川支店を開設してからわずか2ヶ月、どのくらいのお客様が来てくださるか心配しておりましたが、1月初旬にはもう満員御礼。キャンセルもわずかで、お越しいただけなかったお客様には申し訳ないことでした。

 少々古い2016年のデータですが、都道府県別の上場企業数で神奈川県は第8位、また都道府県の企業時価総額ランキングでは堂々の5位に位置しています。特に横浜市には外資系企業やIT関連企業が多数集積、市がサイエンスフロンティア化を推進していることもあり、多くの研究機関が立地しています。横浜ブランドに象徴される地元愛と環境の良さもあり、新しいビジネスチャンスが生まれる場所でもあります。
 研修体験会のわずか3時間でも、この都市の熱気と勢いを感じました。


 当日は第一部で弊社の人気講師・三上智子による模擬講義『仕事の進め方・報連相7つの鉄則』、第二部は私の登壇で『人を育てる7つの鉄則』、2つの体感型研修をダイジェストでご体験いただきました。
 「社内教育のあるある事例」をDVDでご覧いただくスタイルがよかったのか、打てば響くみなさまの反応に、こちらのテンションもぐんぐん上がりました。よくあるダメ上司をご覧いただいた時には「まるで自分を見ているようだけど、どこがダメなのか」など、次々質問も飛び出し、熱く盛り上がりました。

  事前に弊社の営業がお客様のご意見をリサーチし、ご要望に合わせた情報をご提供できたのもよかったのでしょう。
 無料であっても、お時間を頂戴するもの。Time is Moneyを心得て、来てくださった方々に有益な情報をお持ち帰りいただくようにセミナーの在り方を考えなければ、お互いの時間が無駄になるだけです。
 お客様もどんなことにお悩みなのか、知りたい教育、教育のターゲットは新人か若手か、または中堅か管理者層なのか、具体的に想定をしてお出かけくださると、さらに有益な情報をお持ち帰りいただけます。


 2月には2つのミナーをご用意しています。まず13日は大阪で「顧客本位の相談対応を実現するために、管理者が知っておくべきポイント」、20日は東京で「若手の教育改革と学習する組織への変革」、いずれも参加費は無料です。
 大阪ではCSにお悩みのお客様相談室・コンタクトセンターのご担当者様、東京では若手育成と階層教育をお考えのみなさまに、必ずお役に立つヒントをお伝えできるかと思います。
 無料セミナーをご体験いただくことで、より目的にあった教育、研修が見つかります。ぜひこの機会にお出かけくださいませ。


20180603_175839.jpg
posted by 古谷 治子 at 18:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする