2017年08月28日

エリザベス・ノブちゃん

 ブログに度々書かせてもらっている、愛猫のノブちゃん
 8歳になって、人間で言うと50歳くらい!?  そろそろシニア感が出てきて、寝ていることが多くなりました。
 この年齢からだんだん病気も増えるとか。

 ノブも顎に湿疹ができ、抗生物質では治らなかったため、ついにたまった膿を手術でとることに。
 手術は日帰りで2時間ほど。無事に終わりましたが、抜糸までの数日間、傷口をなめないようにエリザベスカラーをつけることになりました。

20170828.jpg


 それがこの写真。飼い主バカですが、なんとも癒されます・・・。
 手術のついでに、毛もカットしてもらい、足元はまるでプードルです(笑)。

 でも、このカラー、猫には相当ストレスらしく、暴れたり、無理にとろうとするコも多いとか。
 ノブは小さいときから本当に穏やかで、カラーをつけられても怒らず、触りもせず、いいコにしていました。
 ところが、3日めには「もうムリです・・・」と言わんばかりに、うつぶせ状態に。カラーが邪魔で眠れないらしく、すっかり固まってしまいました。

 仕方なくカラーをはずすと喜んで、やっとぐぅぐぅ寝ていました。見ると、傷口もずいぶん回復して、ホッと一息。
 でも、これからエサを変えたり、病院に行ったり、何かとシニア猫対策が必要かもしれません。
 
 聞くと、猫がかかりやすい病気はガン、腎臓病、心臓病。人間と同じですね。特に腎臓の病気が多いらしく、トイレの回数が増えたり、口臭が増えると要注意だそうです。
 室内猫の平均寿命は、年々伸びて、近年は16年! でも、ギネス記録はまさかの38年! 人間なら170歳超えです!
 がんばれ! ノブちゃん、ギネス記録を目指そう!!

20170828-2.jpg



クレーム対応の全技術セミナー
9月6日はクレームの日!
クレームの日制定イベント
開催日:2017年9月6日(水)
時 間:10:00〜16:00 


▼詳しくはこちらより
http://www.ma-support.co.jp/claimday.html


女性リーダー候補者セミナー
自分らしく、自分の強みを活かしたキャリアアップのあり方を学ぶ

開催日:2017年11月8日(木)
時 間:各日10:00〜16:00

▼詳しくはこちらより
http://www.ma-support.co.jp/koukaikouza/lecture/womanleader.html



posted by 古谷 治子 at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

雑談にもコツがあります

 近ごろ、研修に登壇して気になるのが、会話できない人が実に多いこと! 新人ならまだしも、中堅、マネージャークラスでも、コミュニケーションがとれない人がたくさんいます。

 問いかけをしても意見が出てこない、ディスカッションもシーン・・・。
 グルーピングして司会役を決め、質問をなげかけ、会話を回そうと試みますが、なかなか盛り上がりません。

 なぜか? ひとつには経験不足。どんな場でも、誰とでも、会話のきっかけを見つけて、キャッチボールするには、場数が必要です。
 次に、聞く力と態度。自分が話せないなら、相手に話してもらえばいいのです。聞く態度は、そのきっかけになります。
 相手の目を見る、そしてうなずく、できれば、声を出して、表情筋を使い、少し微笑んでうなずく、それだけで、「聞いていますよ」と、意思表示できます。

 リアクションはオウム返しでも構いません。
 例えば、「日曜にゴルフに行ったんです」⇒「へぇ、この暑いのにゴルフですか、がんばりますね」と返す。
 この場合、「そうですか」だけだと、話が終わってしまいます。
 コツは否定しない、そして一問一答にしないこと。
 “この暑いのに”“がんばりますね”と加えるだけで、相手が次の言葉を見つけるきっかけになるのです。
 さらに、「月に何回くらい行くんですか?」と質問で返したり、「いいですね、古谷さん」と、相手の名前を言うと、親近感がわいて距離が縮まります。

 会話が途切れたら、天気、服装、時計、靴、あるいは食べ物の話など、何気ないことでつなげばOK。
 無理にほめなくても、「最近、時計を持つ人が減りましたね」「珍しい文字盤ですよね」と、事実を述べるだけで構いません。
 コツをつかんで練習すれば、雑談力はすぐにあがります。
 大事なのは、一歩相手に歩み寄ろうとする気持ちですよ!

20170823-1.jpg



クレーム対応の全技術セミナー
9月6日はクレームの日!
クレームの日制定イベント
開催日:2017年9月6日(水)
時 間:10:00〜16:00 


▼詳しくはこちらより
http://www.ma-support.co.jp/claimday.html


女性リーダー候補者セミナー
自分らしく、自分の強みを活かしたキャリアアップのあり方を学ぶ

開催日:2017年11月8日(木)
時 間:各日10:00〜16:00

▼詳しくはこちらより
http://www.ma-support.co.jp/koukaikouza/lecture/womanleader.html



posted by 古谷 治子 at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

邪気ってなに?

 白金高輪にある鍼灸院に通い始めて10ヵ月。院長先生は40代の中国人女性ですが、かなりの腕前。外科の名医も通っているほどです。

 鍼灸医学が生まれたのは二千年以上前の古代中国
 紀元前2世紀の文献には、「経脈」という体を流れる「気」のルートに関する記述が残っているらしく、歴史が長いのです。
 ちなみに日本に伝わったのは6世紀ごろ。

 鍼と言えば、肩こりや神経痛に効くイメージですが、効果は意外と幅広く。頭痛、心臓疾患、喘息、消化不良、更年期障害や眼精疲労などなど。
 意外なとこでは外反母趾を直す鍼灸師もいるそうで、歪んだ骨をどうやって鍼で直すのでしょうか??

 鍼の刺激が鎮痛物質の分泌を促すとか、筋肉の緊張をゆるめるとか、諸説ありますが、アメリカにある国立衛生研究所(NIH)が「鍼灸の効果には科学的根拠がある」と発表したこともあり、まさに統合医療の時代ですね。

 私の場合は凝りがひどいため、治療はマッサージから始まります。
 施術中、ホントかどうかは分かりませんが、「ほら古谷さん、足の先がすーっとしない? いま邪気が抜けてってますよー」だって・・・。
 確かに治療を受けると、重かった体はウソのように軽やかになります。
 それに、「今日の午後、誰かに怒った?」「今朝、気になることがあったでしょ」と言いあてられてしまいます。
 それほど体は正直なのか・・・。

 気になるのは、先生が施術中に、「ゲホゲホ」とやたらとむせること。
 そんなに私の体から、よろしくないものが出ているのでしょうか。
 人に会う職業だと、その分、何かを受けてしまうそうですが、一体、何を受けて、何が出ていってるのか!? 治療中は怖いので寝ることにしていますが、ホントはとても気になっています(笑)
 平安貴族も受けていたであろう鍼の世界、実に奥が深いです。

20170818-2.jpg



クレーム対応の全技術セミナー
9月6日はクレームの日!
クレームの日制定イベント
開催日:2017年9月6日(水)
時 間:10:00〜16:00 


▼詳しくはこちらより
http://www.ma-support.co.jp/claimday.html


女性リーダー候補者セミナー
自分らしく、自分の強みを活かしたキャリアアップのあり方を学ぶ

開催日:2017年11月8日(木)
時 間:各日10:00〜16:00

▼詳しくはこちらより
http://www.ma-support.co.jp/koukaikouza/lecture/womanleader.html



posted by 古谷 治子 at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする