2018年03月29日

毎日の目標、最低3件

月刊 社長の現場!3月カレンダー.png


 経営者、社外取締役、研修講師、プライベートでは主婦として、毎日の予定はぎっしり。
会社を創業した当社から、できるだけ人と会うよう心がけています。今でも研修、接待以外に毎日最低3件、社外の人との面談を入れるようにしています。

 社員には一日3件は営業に行きなさい、と話している手前、自らが率先して動くべき。社員ができないことこそ私が買って出る、これは自分自身に発破をかけるために習慣づけていることです。
 経理者に会う、社会団体で活動する、シンクタンクで名前を拡散する、トップ営業のやり方は様々あります。
 
 トップ営業では会社の看板としてのPRも重要です。その一環として、今年は新しい本を作ります。数えれば、もう45冊目!
 リーダー養成、仕事の基本、コミュニケーション、おもてなし、女性活躍推進、そしてクレームなど、多くの本を作ってきましたが、今年は原点に帰ってマナーの本をまとめたい。
 
 ビジネスマナーは古谷の仕事の原点です。独立を決めたとき、無給で鞄持ちをしながら学んだ時代、会社を興したときも、常にビジネスマナーを突き詰め、時代に合わせて変化させ、多くのマナーインストラクターを養成しながら、仕事の武器になるマナーを指導してきました。
 新しい本はその集大成となるものにしたい。

 ビジネスマナーは社会人の人となりを表すものですが、新人、若手はもちろん、管理職を見渡しても、マナーの欠如には心が痛むものがあります。
 仕事とは未知の分野への挑戦の積み重ねであり、マナーは未知の分野でも血肉となって、自分を助け、味方になってくれるものです。
 そんな品格ある社会人の心得、スキルを網羅した一冊を目指します。
 
 パートナーは私の最初の本を手がけてくれたK出版の編集者、Yさん。業界は違っても25年間、共に走り続けて仲間です。厳しい出版業界でプレイングマネージャーとして奮闘している彼女と会うと、原点に戻ることができます。
 打合せも楽しく、刺激をもらえます。
 人財を育てるパイオニアとして、圧倒的に人が育つ会社として、仕事の基本の“き”である社会の作法で、働く人々のお役に立ちたい!
 またさらに忙しくなりそうですが、ワクワクする目標ができました。

20180328_084258.jpg
posted by 古谷 治子 at 09:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする