2018年11月15日

聞上手は仕事上手!まずはここから始めよう

スライド1.JPG


 朝晩寒くなり、街にはマスク姿が目立ちます。街中だけではなくオフィスでも。日本人はいつからこんなにマスクを多用するようになったのでしょうか? 
 経営者同士の会合で、いつも話題になるのが若手のメンタルと体調についてです。春の入社から半年以上たち、会社に慣れてきたと思ったら不調をきたす。
仕事は本来、自分が主体となって取り組むものですが、現代では、自分が仕事に支配されてしまい、心身を弱らせる人が多い。社員の心の健康をいかに保つかは、経営陣の大きな課題となっています。

 厚生労働省が実施している健康状況調査によると、仕事で強いストレスを感じている人の割合は58.3%。平成24年から連続して50%を超え、今や日本の労働者の5人に3人が強いストレスを抱えながら働いています。
 厚労省は2015年から一定規模の事業所に対して、ストレスチェックを行うよう義務化しましたが、メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は、58.4%。事業規模によっては、そこまで手が回らないといった状況です。

 密接に結びつく心と体に大きな影響を与えるのは、環境。仕事で生じる心身への負荷を「よいストレス」にするのも「悪いストレス」にするのにも、職場環境だと言っても過言ではないでしょう。もはや心の健康は、個人だけで背負うものではなく、会社と社会全体で取り組むべき問題です。


 ストレスをなくすのは難しいですですが、ポキリと心が折れる前に、誰かが手を差し伸べて、心身ともに柔らかくしなり、ストレスと共存できるのが理想。
 その第一のアプローチとなるのが、「聞く力」です
 今の若手にたずねると、年上に物を聞くのは苦手。「こんなこともわからないのか」「邪魔じゃないだろうか」と詮索して、わからないまま仕事を進め、結果、時間がかかって、失敗して落ち込むというマイナスのサイクルに突入していくのです。
 先輩、上司からすると、聞かれるのは嬉しいこと。頼られていると感じるからです。わからないまま進められる方が怖いこと。何の課題で、何がわからないのか、をはっきりさせて聞けばいいのです。

 一方、上司、リーダークラスの「関わらない姿勢」も問題です。何かいうと、パワハラになるのでは面倒がって放っておく、これでは部下が育つはずはありません。
 課題を与えたら、一日一度は様子を伺い、進行はどうかと声がけする。そんな些細なことが、会社の大事な人財を救うのです。
 部下も上司も、まず声がけ、コミュニケーションは聞くことから始まります。SNSでも結構。でも、ほんの一言の声がけが、職場の仲間どうしでは大事だと痛感しています。



-------------------------------------------------------------------
■マネジメントサポートグループ オススメ研修
-------------------------------------------------------------------

ストレス時代に必須:
メンタルヘルス研修(ラインケア)


自分でできるココロの手当て:
メンタルヘルス研修(セルフケア)


120%の力を発揮するために:
モチベーション向上とストレスマネジメント研修


posted by 古谷 治子 at 19:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

世界一のCSを目指すのは、街の歯科医でした

9月カレンダー.png

9月はじめ、浦安で、“世界一のCS”のための研修を行いました。
 受講して下さったのは、何と歯科医! 歯科医院は過当競争だとは思っていましたが、そのCSに対する創意工夫は目を見張るものがありました。

 虫歯治療だけでなく、審美からインプラント、予防のためのアプローチまで院内で包括的に行い、ポイントは「お口のことはぐるっとお任せ」。最新設備に、矯正や口腔外科等の専門医もそろえ、土日や緊急の診察にも対応しているとか。
 理事長のK医師は若手ながらも、歯を一生物の宝物として豊かな人生を約束したいという志を持っておられます。

 感心したのは、組織としての意志が、スタッフ全員に浸透、シェアされていることです。医院を訪れたときの対応、スタッフが研修に向かう姿勢、CSに対する質問の多さなど、個々の志の高さがとひしひしと伝わってきました。
 研修が行われたのは、土曜の19時〜22時。長い講師人生ですが、週末夜の研修はあまりないことです。普通であれば受講者が嫌がる時間帯ですが、ポジティブな姿勢にこちらも時間の遅さを忘れたほど。
 浦安と言えば、2020年に向けて開発が急ピッチで進むエリア、オリンピック開催後は、多くの若いファミリー層の居住が予定されています。
 町医者が多く、どこに行けば分からない昨今、施設設備が清潔で心地いいこと、技術が高いのは当たり前、そこにCSというプラスαがあるかどうかで、生き残れるかが決まるのです。
 恐怖感が高い歯科医ならなおさらのこと。K歯科では、心のサポートとして診察前にコーディネーターがカウンセリングを行うのだとか。
 これらの努力もあってか、今年5月には、アメリカの能力開発組織SMIから世界65カ国中で第一位に選ばれ、ワールド・クライアント・オブ・ザ・イヤーを受賞されたそうです。

 組織はトップの志だけでは機能しません。企業理念を組織精神の軸として、企業風土を養い、社員全体で「こうありたい」という理念を共有すること。そしてCSを含めた仕組みで、社会とお客様に意志をアピールする機能も重要です。
 技術だけ、商品だけでは時代に取り残されてしまう。お客様のCSにいかにプラスαの貢献ができるか、第27期を迎えたマネサポもグループ全体で、プラスαに取り組んでまいります。
posted by 古谷 治子 at 15:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする