2019年05月09日

人間がAIより得意なことってなんだ?

4月.png

 怒涛の4月、そして大型連休が終わりました。

 今年もたくさんの新人導入研修を担当させていただきましたが、大手Y新聞様の記者研修の朝、気になるニュースを目にしました。

 それはAI記者のこと。北欧ではロボットジャーナリズム が活況で、スウェーデンのある新聞社では3割の記事をAIが担当しているとか。

 「なんてタイムリー!」と、早速、研修の冒頭でお話ししましたが、新人記者さんたちはさぞドキッとされたことでしょう。

 AIなら株価や天候などデータを扱う記事はお手のもの。すでに世界的な通信社ではAI記者が活躍しています。人間ならデータを集めて調べて書く記事も、AIなら数十秒で完成させます。過去100年の数字を遡るのも一瞬、システムの設定が正しければ、人間のようにミスはしません。

 私のように「あれ、このメモ、何だっけ? この数字は?」などと、慌てたり落ち込むこともないのです(笑)。

 ジャーナリズムに限らず、いずれ労働人口の49%がAIに置き換わると言われています。正確さとスピードでは人間はAIに勝てませんが、もちろん、AIにも得意不得意はあります。それは何か?

 AI研究のトップランナー・松尾豊氏によると、今のAIはデータからの学習は得意で、言語の理解や総合的な判断が不得意。つまり、会話が含む意味内容を理解しながら会話を進めたり常識にもとづいた提案などはできないのだとか。

 人間がAIに負けない点を探すとしたら創造力でしょう。クリエイティビティというと大仰に聞こえますが、例えば弊社なら、研修プログラムにおいて、昨今の業界動向はもちろん、教育・人事のご担当者様、そして研修を受ける側、両方の感情や思考も考えながら、カリキュラムに工夫を加えていきます。これも一つのクリエイティビティです。

 相手の感情や背景を推し量り、工夫を加えていくのは人間の偉大な能力です。こんなことを考えて、連休中は十数年前に学んだ「EQ」の書籍を再び見直しておりました。EQとは「エモーショナル・インテリジェンス」、情動の知能指数のこと。アメリカでは見直されつつあるテーマだそうです。

 AT化は否が応でも進んでいく。それなら、いかに楽しんで共存するか、AIのことを学びつつ、環境変化に負けないようにEQ指数を高めていくべきでしょう。ちょうど五月は爽やかな季節、いろんな刺激を受ければ、EQの指数を上げていこう! そんなことも思いながら今月は積極的に外に出かける予定です。

posted by 古谷 治子 at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする