2019年05月16日

離職防止には自信のタネを蒔くこと

 マネジメントサポートでは、毎年新人が挑戦する恒例イベントがあります。

 それは、「入社2週間めのマネサポ・プレゼン」。

 先輩社員が取り囲むなか、ほやほやの新人がマネサポの事業や商品について約10分、ノー原稿でプレゼンテーションするのです。

 今年は、女性2人が挑戦。前日、「原稿なしなんて無理です」と、能面のような顔で引きつっていたのが、女は度胸があるのか、就活トレーニングの成果なのか、先輩たちの「笑顔がないよ」「お腹から声出してー」とのツッコミに負けず、しっかり笑顔でやって見せたのでした。いやぁ、大したものです。


 毎年このプレゼン大会をやっているのは、“最初の自信”をつけさせたいから。入社2週間の新入社員なんてお客さんのようなもので、できることなどありませんが、そんな状態で数ヵ月が経つと、「自分はここで何をしているんだろうか」と、不安が生じてきます。そのまま、成果・成長が実感できないでいると、「ここは自分にあっていないのかも」と、考え始めるのです。


 成長とは、できないことができるようになる技術的な進歩だけではなく、自信がつく、意義を見出すなど精神的な実感も大きなポイント、この2つの相互作用が次なる成長を促していきます。

 自分の立ち位置が見えにくい1年目は、小さなことでもいいので、分かりやすい手応えを本人に実感させてあげるのがポイントです。

 そのためには、指導する側が、仕事の目的を伝え、具体的な指示出しをすること。そして、必ず報連相を徹底させること。経緯や自分の意見を交えた報連相ができれば、自分の立ち位置も見えてくるはずです。

 生真面目で失敗を怖がる今どきの新人は、質問の声がけをするのにも躊躇するのだとか。そんな小さなことでめげないよう、手間はかかっても周囲のサポートが必要です。

 また、3ヵ月、6ヵ月、9ヵ月と段階を追って評価しながら、常に仕事の基本に立ち返ることも大事です。

 成長には時間がかかるもの。これからの人材を、人財に変えるために、きめ細かくフォローしていきたいものです。





posted by 古谷 治子 at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする