2019年08月05日

喉から顎、無意識の緊張に要注意!

 7月のオフタイムは歌舞伎座へ。夜の部の公演『星合世十三團 成田千本桜』は、贔屓の海老蔵さんが13役に挑んだ見どころ満載の舞台でした。

 来年襲名される十三代團十郎という名跡に因んで13役! 老若男女からあの世のモノまで早替わりで演じて、「よくおかしくならないな」というほど圧巻の熱演でした。宙乗りにプロジェクションマッピング、最後は気絶しそうなくらいの花吹雪を散らせ、「どこまでやるんだ、海老様!」と、興奮し通しの5時間でした。

20190805_02.jpg

20190805_07.jpg

20190805_04.jpg

20190805_05.jpg

20190805_03.jpg

20190805_06.jpg

 それにしても、こんなに声色を変えて大丈夫なのか? と、心配になった矢先に急性咽頭炎で休演とのニュース。数日で復帰をされたのはさすがのプロ根性ですが、いま各地で咽頭炎や喉からの風邪が警報基準を超えて流行っています。


 私もひと月前に、ウィルス感染で喉が腫れ上がり、声が出なくなって、セミナーでは急遽2人体制で登壇をするというご迷惑をかけてしまいました。

 病名は「ヘルパンギーナ」、主には子どもがかかる風邪ですが、大人が感染すると脱水症状に陥ったり、髄膜炎や心筋炎を引き起こす恐れもあるそうです。

 私の場合は登壇による緊張が続いたこともあり、顔、首、肩にコリがたまって一気に喉が腫れあがりました。

 たかがコリと侮ってはダメ。友人の医師によると、口が開きにくい、顎が痛いといった顎周りの不調は、現代のストレス病の一つとして数えられています。


 原因はスマホやパソコンを見ている時の「噛みしめ癖」。画面に集中して、ぎゅっと歯を食いしばっていることはありませんか? 放っておくと頭痛や肩こりだけ出なく、腰痛など全身の痛みにつながることもある怖い癖です。

 硬いものが食べにくかったり、口が開きにくいと人は要注意です。

 私も二度と声をからさないよう喉のケアをしつつ、移動中や仕事終わりは顎や頬、こめかみ周辺の筋肉をほぐしています。時折、大きく口を開けて顎を動かすのも効果的です。

  体調管理は社会人の務め。自分の体は自分でケアして守りましょう。



7月のON
 就職博に出展しました
 7月に入って学卒者の採用活動は大詰めを迎えました。マネサポでは学卒者に加えて、即戦力になる中途採用も積極的に進めており、今年は2年ぶりに採用イベントにブースを出展しました。
 2日間で述べ100社以上が出展し、8千人近くの就職希望者が来場した巨大イベントでした。人事担当はもちろん営業担当まで、社員総出で、日替わりでブースに立って、マネサポの案内を続けてくれました。お疲れ様でした! 共に前進できる新たな仲間を待ちましょう!

20190805_01.jpg

20190805_08.jpg
 
posted by 古谷 治子 at 11:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする