2019年10月02日

第28期が始動!挑戦することでつかめる未来へ

 おかげさまでマネジメントサポートグループは第28期を迎え、先月18日には経営計画発表会を行いました。

 勢いをつけるべく作成したオープニング動画は、弊社講師や育休中の社員にも登場してもらい、ゴルフ場のグリーンに立った古谷がフルスイング! ボールが空へと飛躍したところから発表会がスタートしました。

20191002-01.jpg

 弊社グループは毎年新たなテーマを掲げて、社員一同がその目標に向かって邁進していくのですが、今期のテーマは、

『マネサポ流 5G宣言〜5つの成長』

 次世代通信「5G」にかけて、Next Generationへ。個人の主体的な成長が次世代の組織を創ると考え、“5つのgrowth=成長”を目標に掲げました。


1.肉体的成長

2.能力的(スキル)成長

3.精神的な成長

4.コミットメント力の成長

5.組織の成長


 まずは人間、体が資本ということで肉体的成長です。心は健やかな体によって形成されます。健康的な食事を心がけ、体を動かして強い体を目指します。

 そしてスキルを磨くこと。社員一人ひとりが自分の武器となるスキルを身につけ、経営側は研修環境を整えて資格取得等をバックアップします。

 強い体にスキルが身につけば、自然と自信も湧いてきます。新たな立場や役割に積極的にチャレンジしていきます。

 第4のコミットメント力とは、結果を出すための責任感と達成力を指します。自ら立てた目標は、自分との約束です。明日やろう、そのうちきっと、ではなく、やりきる力をつける。その達成が次のステージへのカギとなります。

 5つめに掲げた組織の成長は、個人の成長を結集させた結果として現れてくるものです。誰一人取り残すことなく共に成長し、組織の成長を目指します。


 この5つの成長は、社員が個々に目指す目標であり、私自身、そして組織が目指す目標です。

 5つの成長に向かってモチベーションを高めるために、新たな評価基準として「新社長制度」を導入しました。

 これは誰もが自由に参加できる社内コンペティションで、役職に応じて対象を分けた企画を立案し、古谷にプレゼンをするという趣向です。期待値、難易度でランク付けして企画力、実行手段、プレゼン力で総合的に判断し、報奨金を設けたインセンティブ制度でもあります。


 そのほか具体的な施策は次回のブログで書きますが、経営戦略発表は、経営者から社員へのプレゼンでもあり、今回の資料は役員に任せるのではなく、自らパワポ100枚のシートをまとめて作成しました。

 おかげでぐったりしましたが、毎年、大々的に発表を行うのは、社員にそれだけの誇りと気合いを持って、新しい期を迎えて欲しいからです。

 また、宣言したからには先頭に立って走るという自分へのエールでもあります。社員一同、第28期も皆さまの人財づくり、組織づくりをサポートすべく、力を尽くします。みなさま、今期もどうぞよろしくお願い申し上げます。



10月のOFF
体づくりを支えてくれる美味しいもの
 体は食べるものによって作られます。昼食は急いですませることが多いので、夜はできるだけ家で料理するよう心がけています。
 大事なお米は、銀座の『レストランYAMAUCHI』のシェフから生産者を教えてもらい取り寄せた新米です。生産者は丹波の中村啓次郎さん、稲刈りをしたら即注文者へ発送し、在庫は一切なしというこだわりの農家さんです。新米は水も浸水も少なめが鉄則、うまく炊けたらそれだけでもうごちそうです。
 もう一つのお気に入りは福井の「ふくたまごマヨネーズ」。無農薬・無化学肥料の平飼いで育てたニワトリの卵で作られ、クリーミィで濃厚、それでいて食材の邪魔をしない自然な旨味もあります。美味しいお取り寄せで、家庭の料理も楽しくなります。  
posted by 古谷 治子 at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする