2019年11月19日

ブラックスーツの大学教授とコラボ

 10月の弊社開催『クレームの日』記念特別イベントでは、関西大学社会学部教授の池内裕美先生にご講演いただき大好評をいただきました。


 池内先生のご専門は社会心理学で、近年は悪質クレーマーやカスタマーハラスメントの行動研究で注目を集めておられます。

 本イベントには毎年、お客様対応の現場でクレームに頭を悩ませる企業様が100名以上ご来場いただくので、苦情行動について幅広い見解をお持ちで、かつビジネスの現場に生かせるキーワードを提示してくださる方を探していたところ、池内先生が見つかったのです。 

20191119-04.jpg

 イベント前日にご来社いただいた先生のファッションは、上から下まで黒づくめ、コムデギャルソン風のブラックスーツにシューズにはスタッズが光り、地味めスーツの弊社社員がドキマギしたほど。

 肩書きからイメージする姿とはかけ離れたファッションですが、軽快な関西弁から繰り出すトークは実に軽快です。なるほど、おもしろい! 研究テーマを引き立たせる異色のキャラクターとノリの良さが、彼女の時の人たる所以です。

 情報にあふれた現代で頭ひとつ抜け出すには、自己演出も大切。研究のテーマや内容はもちろんのこと、この明るいキャラクターがマスコミにも受け、産学連携を成功させているのでしょう。

 近年では大阪のネット販売企業とスマホケースや和菓子を商品開発、大阪府とタカシマヤとの産学官連携では野菜摂取量が全国ワーストクラスの大阪府民に勧める野菜グルメの開発にも取り組まれています。

 また、苦情行動については、NHKの人気番組「クローズアップ現代+」に出演されていましたね。

20191119-05.jpg

 弊社イベントの講演では、「アンガーアタック」や「感情労働としての苦情対応」、「グッバイ・マネジメント」など気になるキーワードを数多くご提示してくださいました。ご来場の皆様からご好評をいただいたこともあり、弊社では今後もさらなるコラボレーションを企画中です。

 創業から27年、マネジメントサポート では時代に合わせてクレーム対応のスキルをバージョンアップさせてきましたが、アカデミックな観点からの監修やデータでの裏付けなどでさらなる場面で池内先生とタッグが組めればと考えています。

 具体的にはまたこのブログでご紹介することにして。マネサポの新たなコラボ企画についてもどうぞご注目ください。



11月のOFF
課題山積みのゴルフ 手首を使えと言うけれど
 ゴルフに最適の季節となりました。週末はせっせと練習に通っていますが、あきれるくらい亀の歩みです。

20191119-03.jpg


 先日指導されたのは、手首の使い方。正しくコックしないと、飛距離が出ないとのこと。そして、正しいコッキングとは縦と横の中間あたり、右斜め45度に手首を曲げるのだとか。え、え、45度? なんですか、それ。やっと力を抜いてスイングできるようになったのに、また難しいことを言われて、意識するほど体がガチガチに。距離が伸びるどころか、ボテボテになってしまうのです。「正しくコックされれば手首はあまり意識しなくていいんですよ〜」って、もうどっちやねん!

20191119-02.jpg


20191119-01.jpg


 新たな課題が見つかるたびに、ため息の連続です。こんなに真面目に頑張っているのに、なぜ上達しないのか。それでも諦めずに、この週末も朝4時起きで、古谷はゴルフに出掛けるのです。ハァ〜、頑張るぞ!
posted by 古谷 治子 at 14:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする