2019年12月23日

「チーマネ」を目指して

 師走もはや後半、今年の漢字が発表されると、「やり残したことはないか」と無駄に忙しい気分になります。

  1年を振り返ると、今年も色々ありました。2月には最新本『仕事とマナーの教科書』が出版され、おかげさまで重版となりました。4〜5月の新人研修ラッシュは全講師と共にフル稼働。一方でP出版社から「正しい会社の辞め方」についてインタビューされ、なんたる時代かと憤慨し離職防止やレジリエンス力の研修に燃えました。

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421.png

 6月は出張登壇が多く、喉にポリープができて声が出なくなったことも。ベテラン講師に助けてもらい、急遽2人体制で登壇いたしました。

 7月は初めて人材サービス会社の採用イベントでブースを出展。8月は2日間だけ夏休みをいただき、その後の「ビジネスマナー インストラクター養成講座」には、遠く北海道や沖縄からご参加をいただいて感激しました。


 暑かった夏を超えて、第28期の経営計画発表会では、新たな目標「マネサポ流・5G宣言〜5つの成長」を掲げました。目指すは、社員全員で力を合わせコミットメントすること=「チーマネ(チームマネジメント)」です。

 個人では限界に思えることもチームで取り組めば、可能性が広がります。ラグビー日本代表の戦いぶりもまさに「チーマネ」! 今年の流行語大賞も「ONE TEAM」に決定し、「やはり組織はチーム力だ」と改めて認識しました。


 話は戻って11月は「クレームの日」イベント、100名様を超えるご来場をいただき、カスタマーハラスメントの現状と課題について考えました。

 また、今年は<パワハラ防止法>に向けて、関連講座を整備・強化しました。来年の法律施行に向けて、研修もスタートしています。加えて秋からは、来春の新人研修の準備も始まっています。


  


 駆け足でピックアップしても書ききれないほど。1年はあっという間ですね。 

皆さま、今年も大変お世話になりました。ありがとうございました。

  カスハラ対策、女性活躍推進、パワハラ対策など課題はたくさんありますが、これからもマネサポ流の「チーマネ」で走り続けていく所存です。

 どうぞ皆さま、多忙な年末ご自愛いただき、よいお年をお迎えくださいませ。


12月のON

オフタイム、人生初の同窓会へ

 先日の週末、千葉で開催された校区合同の同窓会に行ってきました。人生初です!
 いつも仕事優先で参加を見送ってきましたが、そろそろ友達付き合いも大事にしたい、仕事を理由にエクスキューズしてきた部分を埋めていこうと、参加を決めました。学生時代の仲間とは何年も会っていないので、浦島太郎かも……、とドキドキしましたが、案外、同期というのは変わっていませんね。ホッとしました。数年先輩には元NHKアナウンサーの宮田修さんもいらして、なんと現在は千葉・熊野神社の宮司を務めていらっしゃるとか。NHK退社後に、神職の資格を取られたそうです。人生、思わぬ出来事もありますね。

 会の後は同期で二次会、さらには今度みんなで旅行へ!なんて話も出ましたが、同窓会初心者の古谷にはハードルが高め(笑)。一次会で満足して帰ってきました。

 仕事以外は出不精、友人と温泉など考えたこともありませんが、みんな、当たり前のように出かけているんですね。

 いきなりの旅行は緊張が過ぎるので、少しずつの前進が目標。いつかは幼馴染と温泉旅行に行きたいです(笑)。
posted by 古谷 治子 at 10:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする