2020年05月11日

進むオンライン化、研修での課題は?

 外出自粛が進み、さまざまな対面サービスでオンライン化が進んでいます。

オンライン飲み会やお見合いパーティは期間限定となりそうですが、保険の相談や申込みは効率を考えると便利さは明確、自粛解禁後も定着しそうですね。


 弊社もオンラインで受講していただける研修コンテンツを続々と増やしています。

オンライン研修は場所や時間を選ばないというメリットがある反面、環境整備や受講者のモチベーション維持、実習が困難といったデメリットもあります。

 そこで弊社の研修動画でもコンテンツごとに短尺を意識し、課題出しをするなど受講者の集中力維持につとめています。

 研修は本来、講師と受講者、または受講者同士がコミュニケーションを取り、ワークショップやディスカッションで実践力を高めるのが理想です。緊急事態宣言の解除後は、ぜひ対面研修で遅れを取り戻していただきたいと思います。

 とは言え、状況が見えない中でじっと待っている訳にもいかず、日々、新たなアイデア出しに頭を絞りまくっています。

 現在、進めているのは『マネサポカレッジ』(仮題)の作成です。

51c1f73a1bcece959be1edb65ca2914f_m.png

古谷がプラットフォームとなり研修動画をアーカイブ化→→オンラインで活用できる研修テキストと動画をご提供→→活用プランをコンサルティング→→双方向の学びで実践力を醸成→→少人数でのリアル研修→→効果測定の検定実施

 このような学びのラインをご提供したい。つまりは【ブレンデッドラーニング】です。

 さまざまな研修スタイルのメリットを「良いとこどり」をするのが目標です。学びの効率をあげる流れを作り、個々の課題に沿ってメリットをチョイス、ブレンドしてお届けするアクティブラーニングの決定版となればと考えています。


  アイデアも出すだけでは、ないのと同じ。具現化してお届けしてこそ、見えない時代の不安と恐怖に打ち勝つ術です。手軽にご活用いただける仕組みを整備してまいりますのでご期待くださいませ。


5月のOFF

在宅仕事の心がけ

 コロナ疲れで帯状疱疹にかかる方が増えているとか。体調管理とストレス対策のため、在宅仕事はルーティンを決めるのがオススメ! 以下は古谷のルーティンです。

 朝は窓を全開にし、ベランダで植栽に水やり。陽のあたる窓辺でラジオ体操をする。

 仕事の始まりは今日の課題を書き出し、終えるごとにチェック。リビングや書斎など仕事する場所を変える。

 1時間に一度は換気、同時に5分ほど休憩する。水分補給も忘れずに。仕事終わりには翌日の課題出しをして終了です。

 ポイントは朝早く起きること、家の中でも日光を浴びること。猫の世話をしながらカラダを動かしたり、オンラインで友人とどうでもいい雑談をするのも大事な時間です。

20190924-05.jpg

posted by 古谷 治子 at 14:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする