2021年05月07日

フルヤハルコ  女性社長のONとOFF vol.46

ジェンダーギャップ の解消、その目的とは?!


 426日、マネジメントサポート グループ30周年を記念して、オンライン特別セミナー「ジェンダーギャップ をなくしてみんながイキイキと働ける職場に『社員の意識改革と指導術』」を開催致しました。

 短い募集期間にもかかわらず、金融、サービス、メーカー、小売・飲食、薬品、運輸、鉄道、不動産から官公庁まで、様々な業界から70名以上もご参加いただき、おかげさまで好評をいただきました。


 今、社会は女性活躍を超えて「ジェンダーギャップ」 解消の時代です。しかし、その意味をきちんと答えられる人は少ないようです。

 ジェンダーギャップ とは生物学的性別ではなく社会的、文化的に作られた女性らしさ、男性らしさのイメージを指します。女性にはサポート役やケアワークが向いている、などといった概念のことです。

 表向きには女性活躍を推進しようとしても、実はこのイメージに囚われた組織が非常に多い。これは、先日世界経済フォーラムで発表されたジェンダーギャップ 指数(日本は156カ国中120位で過去最低)にも表れています。

 日本はジェンダーギャップ後進国、という酷評から本セミナーにも多くの関心が寄せられたか思いますが、この数字に立ち上がった事例も続々と登場しています。


 その一つが「小さな国際都市」を謳う兵庫県豊岡市。10年計画でジェンダーギャップ 解消戦略を打ち立てています。計画の素晴らしい点は、ジェンダーギャップ が解消された未来像を具体的に描きつつ必要性を普及しようと動いている点です。アドバイザーを設置し、男女半々の意思決定への参画など各地域でのジェンダーフリーな取組みをサポート、1020代を巻き込むために教育現場でもジェンダー視点の普及を試みています。


 この動きに学ぶ点は多い。組織においても、固定概念に囚われていないか、現状を把握、理解し、具体的なウィークポイントはどこにあるのかを見つける客観的視点が必要です。その上で、解消への突破口を探っていきます。

 実際に弊社でもセミナーにご参加いただいた皆様の組織改革をサポートすべく、営業スタッフがアドバイザーとなって動き始めています。

また、ご好評にお応えして、今回のセミナーを弊社オンラインサービス・ウェビナーサプリでご覧いただけるよう準備中です。

 さらに、今月26日、27日には古谷の登壇で、女性活躍推進のポイント、ジェンダーギャップ を解消する意識改革と指導術のセミナーも開催します。


 ジェンダーギャップ 解消の目的は、単に女性リーダー、女性管理職を設けるだけではなく、それぞれが働きやすく、生きやすい、風通しのよい環境を作ることです。

 つまり、その解消事例は組織のPRに役立つだけでなく、離職防止や生産性の向上にも繋がり、引いては組織の成長にも貢献します。

 “男だから”“女だから”を超えて、誰もがイキイキできる組織へ。ハードルの高い課題ではありますが、ジェンダーギャップの解消は息苦しい今の時代を生き抜く道筋の一つになると考えています。



いつでもどこでも手軽に・・・

サプリのようなセミナーをご存知ですか?


 春から始動した弊社の『ウェビナーサプリ』は、大変使い勝手がよく、お手軽なサービスです。

 毎週火・水・木曜、タイムリーなテーマのもと、ベテラン講師がオンラインでスキルアップの方法を伝授しています。

 テーマは、「コロナ禍に負けるな!新社会人の心得」「オンラインでの印象アップ3つのコツ」「キラリ!接遇〜ワンポイントアドバイス〜」「ジェンダーギャップをなくして みんながイキイキと働ける職場に!社員の意識改革と指導術」などなど、いますぐ仕事現場で使っていただけるものばかり。

オンラインとストリーミングで全国どこからでもご参加いただけて、受講料も1100円からと大変お得です。

 誰もが苦しいコロナ禍だからこそ、オンラインでのスキル磨きを応援するための特別価格で、力量のある講師陣が登場しています。

 ぜひ、お気軽にご活用ください。


いま必要なスキルがここにある

オンラインでもっと手軽に自分磨きを!

新サービス『ウェビナーサプリ』

https://www.ma-support.co.jp/news/webinarsapuri-2021newnormal/


古谷治子3.0@風の時代の働き方

@Haruko_Furuya

https://twitter.com/Haruko_Furuya

1620378644228..jpg




posted by 古谷 治子 at 18:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする