2016年12月19日

京都ときもの

慌ただしく過ぎていった晩秋、ロータリークラブの会合で京都に行ってきました。お宿は嵐山・天龍寺近くの「らんざん」、目の前には桂川が流れ、観光地のわりには静かで、風情のあるお宿でした。
例会、懇親会のあと、翌日は皇室ゆかり御寺「泉湧寺」へ。弘法大師・空海がひらき、境内から清水がこんこんと湧き出たことから“泉が湧く寺”、と名付けられたそうです。
天皇家からの信仰が篤く、歴代の御陵が39陵あることから、日本で唯一“御寺”と呼ばれています。
仏殿の天井には狩野探幽作、ど迫力の蟠龍図、お堂裏の壁に描かれた観音様「白衣観音」は、不思議とどこから見ても目が合います。紅葉が真紅に色づいたお庭も気品たっぷり、高貴で美しいお寺でした。
美しいと言えば、もうひとつ、ここで信仰を集めているのが「楊貴妃観音像」。日本一美しい観音像と言われ、女性の参拝客が絶えないとか。もちろん、私もしっかりお参りしてきました。
ご住職が京都ロータリーの会員でいらっしゃることもあり、天皇家のお位牌が並ぶ非公開のお部屋もご案内いただきました。滅多にないことに身を乗り出して拝観させていただき、貴重な体験でした。

20161219-1.jpg


紅葉の時期、どこを見ても美しい京都ですが、難点は人の多さです。そして、着物姿の観光客がとても多かった。聞くと、着物レンタルでさまざまなサービスが受けられるのだとか。
京都で着物、それだけでワクワクしますが、着崩れていたり、所作がぐだぐだだったり、ひと目で観光客と分かってしまうのはいかがなものでしょう。
でも、私も人のことは言えません。着物が好きと言いながら、レッスンにも数回通いながら、近頃は、畳むのすら時間がかかってしまう始末です。
どうせ着るなら、「あたかも日々着ているように」、美しく着こなしたいもの。 
そこで、数ヶ月前のことですが、一気に着物の整理をしたのです。

お世話になっている着物屋さんに来ていただき、長年、集めたものをすべて出して、一気に整理!
まずは袷(あわせ)と単衣(ひとえ)、絽に紗、柄も見ながら、春夏秋冬に分け、次に留袖、訪問着、色無地、小紋、付け下げ、紬に浴衣と、格によって分類。同じく帯も分けて、帯揚げ、帯締めの合わせ方もアドバイスいただき、目が回るようでした。
「3日はかかります・・・」と、言われたところを半日でやったのは、いかにもせっかちな自分らしい(笑)。
やった後は「よし、着るぞ」とモチベーションをあげたのに、あれから数ヶ月、まだ一度も着ていません・・・。
年始は何かと会合も多く、楽しみな歌舞伎もあり。
久しぶりにタンスの肥やしに袖を通したいところです。

20161219-2.jpg



創立25周年記念特別セミナー

「3ステップおもてなし研修」ダイジェスト版!


参加費無料!
開催日:2017年1月24日(火)
時 間:14:00〜16:30 

大反響を頂いているおもてなしの心得と訪日外国人対応メソッド「3ステップおもてなし研修」 をダイジェスト版でご覧いただけます。


▼詳しくはこちらより
 http://www.ma-support.co.jp/free_seminar/lecture/free_20170124.html


ビジネスマナーインストラクター養成講座ベーシックコース
幅広いインストラクション技法を、講義と実技を繰り返すカリキュラムにて
効率的に吸収していただきます。

開催日:2017年2月18日(土)・19日(日)・25日(土)
時 間:各日10:00〜16:00


▼詳しくはこちらより
 http://a.hml.jp/bm/p/aa/fw.php?i=hm020063&c=323&n=__no__


posted by 古谷 治子 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック