2017年03月16日

真紅のおひな様

月に一度の京都、2月は北野天満宮の梅を見に出かけました。紅白の可憐な梅はちょうど5分咲き、慎ましやかな咲きぶりで、春の予感……。
感性トレーニングも兼ねての日帰り旅、フォーシーズンズ京都に出かけたのですが、そこで見た雛人形が美しく、製作したお店へと足を伸ばしました。

20170316-2.jpg


御所近くの安藤人形店、京町家造りで、創業百余年の老舗です。
三代目の雛人形着付師・桂甫さんは黄綬褒章を受賞された名工です。
すすめられてお店にあがると、現代のフローリング生活に合わせたお人形がズラリ。そこで見つけたお雛様にもうびっくり!
十二単が赤一色! 抜けるように鮮やかで、吸い込まれそうに深い紅。絹の生地もどっしり滑らかで品がよく、どこかモダンで、目が釘付けです。
こんな人形は、初めて……。
聞けば、「還暦雛」と言って、60歳を祝う赤いちゃんちゃんこをヒントに製作したのだとか。
後で知ったのですが、奥様のご両親が還暦を前に他界されたことから長寿を願って、また受賞を機に、季節を問わず飾ってもらえる、人の心を打つ作品を作りたいと、試行錯誤の末に生み出したそうです。
還暦のお祝いに、夫から妻へ、あるいは子どもから母へと贈る。さらには緑寿(緑)、古希(紺)から真っ白の白寿まで、長寿雛も並んでいます。
「なるほどねぇ!!」と、しびれるほど感心しました。
少子化の時代、今までと同じ雛人形では生き残りは難しい。
そこでアイデア発想です。新たなライフステージを模索するグランドジェネレーションをターゲットに、特別に手をかけ、新たな商品を生み出したのです。
これこそ創意工夫、昔からある雛人形を進化させた老舗の勝負です。
雛人形は一生にひとつという固定概念を、見事に覆してくれました。
出してくださった美味しいお茶、品のいい匂い袋のおみやげ、アンケートのお願いなどサービスもきめ細かく、とてもいい気分でお店を後にしたのでした。
さすが京都の商魂、大したものです。

これも実際に出かけたからこそ体験できたこと。
本当に、いくつになっても勉強ですね。ふぅぅぅ〜・・・。

20170316-1.jpg



新入社員ビジネス基礎講座
25年の実績!新入社員研修はお任せください!

開催日:2017年4月4日(火)・5日(水)
時 間:各日10:00〜16:00

▼詳しくはこちらより
1日間コース
http://www.ma-support.co.jp/koukaikouza/lecture/newrecruits20170404.html
2日間コース
http://www.ma-support.co.jp/koukaikouza/lecture/newrecruits20170404-2.html


ほめ方・叱り方の極意
OJTの決定版!

開催日:2017年6月13日(火)
時 間:13:00〜17:00 

▼詳しくはこちらより
http://www.ma-support.co.jp/koukaikouza/lecture/sodateru20170613.html



posted by 古谷 治子 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448016569
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック