2017年08月10日

女性たちに、“第一歩”のすすめ

 勤務時間外はプライベートな時間に使いたい? 誰でも本音はそうですね。
 でも、仕事には必ず“お付き合い”が発生します。私の場合は、まずロータリークラブの活動。本来は奉仕活動ですが、必ず会合に出席するのは、自分の思考が固まらないようにするためです。
 年齢があがると誰も注意してくれず、興味の範囲も決まってきます。その殻を破るため、ロータリーや東証の女性会にも必ず出席します。
 正直、足は重い。リーダーが集まる会合に行くと、優秀な方が山ほどいて、自信喪失、自分の未熟さに落ち込んで帰ってきます。
 それでも行くのは、行くべき場所があるのは、その分、人生のチャンスをもらっていると思うからです。

 新卒で入った新聞社では9年間、事務を担当していましたが、会議の資料を揃えることはあっても、出席することはなかった。研修があっても対象外、自分に自信をつけたいと思っても、道を切り拓く機会が皆無でした。
 それが退社を決めた理由です。
 もちろん現在とは、時代が違います。でも、国をあげて女性活躍がすすめられるいまも、インポスター症候群、いわいる自分に自信が持てない、役職に付きたくない女性が多くいるようです。

 男性が大まかな自信でも前進できるのに対して、100%の確信がないと踏み切れないのは、女性特有の思考だと言われます。
 そんな中、先日は私が所属する奉仕団体のある地区の会長に、120人を束ねる立場に、30代の女性が抜擢されました! 
 70代の大物も数いる中で、なんと度胸のあること!
 これは極端な例ですが、自分の範囲を広げるには、まずやってみること、最初の一歩が必要です。スタートは誰でも緊張しますが、人前で話すことも、見知らぬ人と会話するのも、やってみれば必ず慣れてきます。 
 私もいまだに会合での挨拶は緊張しますが、いろんな人のトークや言い回しを聞くうち、なるほどアレ使おうと“手段”“例題”が増えていくのです。
 これは仕事に限ったことではなく、もっと楽しい毎日を送るため、自分磨きにも言えること。疲れていても、自信がなくても、自分を輝かせるための第一歩、そこに何か、違って景色が見えてくるはずですよ。

20170810-1.jpg


クレーム対応の全技術セミナー
9月6日はクレームの日!
クレームの日制定イベント
開催日:2017年9月6日(水)
時 間:10:00〜16:00 


▼詳しくはこちらより
http://www.ma-support.co.jp/claimday.html


女性リーダー候補者セミナー
自分らしく、自分の強みを活かしたキャリアアップのあり方を学ぶ

開催日:2017年11月8日(木)
時 間:各日10:00〜16:00

▼詳しくはこちらより
http://www.ma-support.co.jp/koukaikouza/lecture/womanleader.html



posted by 古谷 治子 at 12:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。