2018年09月07日

インクルージョンを創り出せ!

都内企業の女性管理職比率が8.6%と、なかなか上昇しきれずにいる昨今、某大手外資カーディーラーの研修で登壇し、生き生きと輝く女性スタッフの姿を目の当たりにしてきました。
ハリウッド映画とのコラボ、本社ショールームにはコンセプトカフェを併設するなど、ブランド戦略でも話題をふりまいているこのW社。
トップを筆頭に多国籍社員が活躍し、当たり前ながら社内公用語は英語、当日はセールス担当への研修でしたが、そこにも女性の姿が目立ちます。
トップのスピーチを同時通訳してくれるのも女性、その機転の利かせ方、判断力は見事でした。トップにも臆することなく質問を切り出していくのは海外経験が豊富なのか、日本の女性も「前に出る姿勢」を学ぶべきだと痛感しました。

このカーディーラーと同様に、大手ベッドメーカーのF社も女性活躍を積極的に推進しています。介護ベッドの開発、セールスに女性の声を取り入れ、男性中心だった社風を一新して勢い良く成長しています。
進んでいるように見えて、まだまだ歩みが遅い女性活躍ですが、両社に共通するのは、女性が持つインストラクションの力、顧客へのケアなど女性の感性を活かせる場所を発掘し、登用をすすめていること。
そして、その活躍を内外にうまくアピールしていることでしょう。
ダイバーシティも女性活躍も、効果の程を実感できなければ、進むものも進みません。つまり、女性の活躍を社外にうまく見せることで、「なるほど、女性の登用にはこんな方法があるのか」と、社内の人間も実感できるのです。
この「実感」、「手応え」が、女性活躍推進には欠かせないものです。
現代において最強のチームは「男女、年代、国籍の混合編成」です。
弊社はダイバーシティ経営のセミナーにおいて、「インクルージョン」の推進を強調しておりますが、すべての社員がそれぞれの能力を活かせる機会を見つけ、輝かせてこそ、この編成チームが生きるのです。
管理職が考えるべきは、このインクルージョンをいかに生み出すか、それぞれにどうチャンスの場を与えるか、です。
W社然り、F社然り、さまざまなセミナーの場で、日々「学びの機会」を与えられて感謝しております。この学びを、また登壇の場で皆さんに受け継ぎたいと考えています。

20180725_134756_004.jpg
posted by 古谷 治子 at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。