2018年12月07日

2025へ! 大阪を盛り上げます

11月.png

 
 大阪支社で公開講座を終えたあと、嬉しいニュースに弊社も湧きました。
 2025年、大阪での国際博覧会開催が決定。1970年以来55年ぶりの開催です。
過去の実績や運営能力の高さが評価され、3カ国による争いを制しました。
 政府試算の経済効果は約2兆円。万博の会場となる人工島の夢洲(ゆめしま)はカジノリゾートの構想もあり、大阪が目指す地下鉄延伸や湾岸エリアの開発などインフラ整備も加速しそうです。
 大阪支社を設立した弊社としては、背中を押されているような朗報でした。
 万博の会場設立費は約1250億円。大阪府と市、経済界で三分の一ずつの負担になるようで、微力ながらも大阪を盛り上げなければと、燃えています。

image7.jpeg


 11月6日の公開講座は、研修体験会。「講師見本市」をテーマに、マネサポが注力する3本のセミナー、『仕事の進め方・報連相7つの鉄則』、『部下指導・人を育てる7つの鉄則』、そして古谷登壇の『管理職の意識改革と指導術』、それぞれ講師の模擬講義を交えてご紹介しました。
 トータルで60社の方のお越しいただきましたが、実感したのは大阪の商売魂です。研修内容の分かり易さはもちろんのこと、新人の仕上がりにどれだけ差がつくか、部下はどの程度育つのか、粘土層の管理職がどうして柔軟に変わるのか、具体的な効果をお求めになる。しかも、研修自体が面白くなくてはいけない。ハードルは高いですが、その分やりがいを感じます。
 登壇で日本全国にお呼びいただきますが、地域によって反応は様々ですね。
 北海道はフロンティスピリットがあり新しいものに対しても柔軟です。東北は正義感が強く粘り強い、愛知は自立心旺盛、九州地方は頑固な面もある一方でどこかおおらかで懐に入ると開放性を感じます。
 地域によって捉え方が違うのですから、当然、同じ研修であっても、アプローチを変えながら、効果のほどをご紹介しより良いご提案をしていくべき。
 弊社営業もいっそうの研鑽が必要です。

 大阪支社では、セミナーご参加のみなさまに、ご紹介した研修の初回お試し価格での実施、短時間パックのご用意などの特典もご用意しております。
 予算、時間等でお悩みの方、限定数でのご案内につき、どうぞお急ぎください。
posted by 古谷 治子 at 11:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。