2019年01月15日

大事にしたい、新年最初のご挨拶

2018年12月 月間 社長の現場カレンダー.png



 新年を賀してご挨拶を申し上げます。
 新元号を迎える節目の年、マネジメントサポートグループも社員一同、みなさまのお役に立てますよう精進いたします。どうぞお引き立てのほどをよろしくお願い申し上げます。
 
 さて、今年はお年賀状を出されましたか? 平成31年用の発行枚数は24億21万2千枚、前年比7.1%減でピーク時の6割程度、実際の引受枚数は20億を切るとも言われています。
 メールやSNSに押されて年賀状は減る一方。新しいものを取り入れていく日本人の柔軟な気質からすると、いつかは珍しい慣習になるかもしれません。
 虚礼廃止の会社も多く、新年初日に年始の挨拶はなし、ラインで一斉送信という経営者もいます。
 ただ、私自身は節目節目に自らを正すべく、年始の挨拶だけは心を込めて行いたいと考えています。

IMG_7707.JPG


 弊社でも年賀の品を用意して挨拶回りに参りますが、恥ずかしながら1日に10件20件と回ってくる社員は減ってきています。
 ちなみに、お年賀はいつまでかご存知ですか? 本来は三が日の間に渡すのが作法ですが、ビジネスの場合は松の内。これも関東と関西では捉え方が違って、関東では7日か8日、関西では小正月である15日までとなっています。

 ということで、年始の挨拶は15日までが通例。1年のうち、このときだけは、事前のアポ取りなしで、取引先に向かえるのです。
 できれば小さな挨拶の品を用意して、「社長(もしくは上司)の代行で年始のご挨拶にまいりました」と出向く。可能ならば先方の上司にお目にかかり、ご担当がいらっしゃらない場合は、名刺に一言挨拶を書き添えてお渡しします。
 せっかくなので挨拶だけではなく今年の予定など有益な情報もお伝えします。これが年始回りの鉄則。年明け最初のコミュニケーションのチャンスです。

 若手、新人だと年始回りを知らない人も多いので、ぜひベテラン勢が声をかけてあげてください。アポなしでいいと、年始こそ行動のチャンスだと。
 お客様に選ばれるかどうかは、信頼が大事。節目の礼節ある行動が決め手の一つになります。
 もう1月も中旬となりましたが、今日でも大丈夫。休みボケを振り払って、ぜひ実行してください。

IMG_7702.JPG


IMG_7704.JPG

↑今年の我が家のおせちとお雑煮です

posted by 古谷 治子 at 14:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。