2019年03月22日

『仕事とマナーの教科書』重版出来です!

 1月21日に発行されました私の最新著書『社会人1年生の仕事とマナーの教科書』、早くも重版が決定しました。新人教育の時期を前に、人事マネジメントなど業界誌でも多数ご紹介いただき、おかげさまで大好評。弊社営業スタッフもお客様から褒められると喜んでくれて、とても嬉しく思っております。

 本著では、これまで50万人以上の新人さんにお伝えしてきた仕事とマナーの基本を図説やイラストを織り交ぜて、丁寧に解説いたしました。

 単なるマナー集ではなく、仕事の進め方やビジネスコミュニケーション、訪問先でのルールなど、実際の仕事現場で求められる気遣いやコツについて具体例を挙げながら解説し、実用性の高い一冊となりました。


 どんなに優秀な学生でも社会人デビューはゼロからのスタート。コミュニケーションの基礎や仕事への取り組み方が正しくインプットされるか否かで、その後のビジネス人生は大きく変わってきます。

 教育改革から新人から。基礎をしっかりと築くことで、その後の積み上げが頑強になっていくのです。

 例えば、挨拶一つにしても、適切な言葉で感じがよくできれば、職場風土は変わってきます。挨拶は互いの存在を認めあう「承認メッセージ」です。

 承認欲求は人間の基本的欲求の一つ。心理学者のマズローは、人間の欲求には五段階あり、生理的欲求、安全の欲求、所属と愛の欲求、承認欲求という基本的な欲求が満たされて、自己実現の欲求が芽生えると説いています。

 つまり、挨拶はもっとも身近で簡単な承認欲求を満たすスキルなのです。



 例えば朝の出勤時間帯、「おはようございます」と挨拶されて、「おはよう」と作業しながら返すのと、ほんの1秒顔をあげて、「○○さん、おはよう」と返すのでは、相手への印象が大きく変わってきます。こういう小さな積み重ねが職場を明るくし、社外にも好印象を与えるのです。


 そしてこの度、重版決定の特別企画として、4月の「新入社員ビジネス基礎講座」をご受講いただいた方に、本書を進呈することにいたしました。

今年の新人研修は東京、神奈川、大阪の3ヵ所で開催、しかも神奈川と大阪は支店開設記念として、特別価格となっており大変お得です。

 席数限定で、残席はあとわずか。講師も長年シンクタンク等で活躍する最高レベルの面々を揃えて、自信を持ってお届けする新人研修です。

 最初の教育が御社の社員の今後を左右します。ぜひこの機会をご活用ください。


マナーの教科書書影 小.jpg

【4/2、4/3 東京開催】新入社員ビジネス基礎講座

【4/2 神奈川開催】新入社員ビジネス基礎講座

【4/4 大阪開催】新入社員ビジネス基礎講座

posted by 古谷 治子 at 13:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。