2019年06月18日

社長にも学びは必要である

 今月から始まった新ブログでは毎月2回、仕事の現場とOFFタイムで得た刺激や情報をもとに、女性経営者としての様々な思いを発信します。


1560845904453.jpg

 今回はONタイムでの学びの話。弊社は教育研修を通じて人材育成と組織活性をサポートしていますが、研修を提供する我々も日々の学びが欠かせません。次なるトレンドを察知し、また、受講する側の視点を忘れないため、私自身も時間を作っては、さまざまな研修に出かけます。

 受講するのは主にマネジメントの単発研修ですが、研修自体も今や時短の流れを受け、短時間コース、チケット制など手軽なスタイルが増えました。

 経営者、管理職クラスにとって、時短は緊急の必須課題です。決定打はあるのかどうか、仕事の進め方は十人十色だけに、“自分の肌に合う”時短術を見つけるには、とにかく色んな方法を試してみる。迷う前に「即やってみる」のが古谷のスタイルです。


 どんな時短術にも、前提として共通しているのが、無駄をなくすこと。「何だか忙しい」という「怠惰な多忙」がスピードアップの一番の敵です。

 怠惰な多忙とは今どきの言葉のように思えますが、帝政ローマ時代の哲学者セネカが遺した言葉です。人は多くの時間を浪費している、時間を活用できれば人生は十分に長いと。それができれば苦労しないという話ですが、時間の活用術かはるか昔からの課題であったわけです。

 では、無駄な忙しさをどう防ぐか、まずは仕事の整理が必要です。ルーティンと考える作業、後者に時間を割くために、前者をスピードアップする。

 これには、日ごろから「さっさとやる意識」を体に覚えさせるのが有効です。

 朝一番、頭が覚醒したときに、今日の課題を書き出して、終わった順に消していく。原始的なようで効果があり、全部消せると充実した気分になります。

 このほか心がけているのは、決断を早めること。何を食べるか、今日は何を着ていくか、小さなことから決断を早める訓練をすれば、自ずと決断力も上がります。あとは早く喋る。これは私がせっかちな証拠ですね(笑)。


 時短の工夫は新人、若手、リーダー・管理職と階層によっても変わってきます。またこのブログでもさまざまな方法をご紹介していきたいと思います。



5月のOFF
 誕生日は2段ケーキで!

1560121786846.jpg


 5月の連休明けは誕生日でした。ちょっと豪華な2段ケーキを自らオーダーして、自らピックアップ。さすがにお祝いは主人も一緒でしたが、なんでも自力の古谷です。
 無事に新しい年を迎えられたことに感謝して……。今年のケーキは、神戸発のアンテノール。軽いスポンジとなめらかな生クリームで美味しくいただきました。


1560845898268.jpg

社長の会合ランチ カレーとサフランライス


1560845878849.jpg
1560845881483.jpg
週3は家で食事作り
ハンバーグとオニオングラタンスープ

1560846726164.jpg

体調のために野菜をいっぱい!





posted by 古谷 治子 at 09:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。