2019年08月20日

ゲーム型学習が好評です

 7月1日から15日は博多の祇園山笠、例年、この時期は九州生産性本部にお招きいただき、セミナーを行っています。

20190820-01.jpg

 今回のテーマは『女性リーダー養成』。リーダーという選択肢にしり込みしがちな女性たちに、“あと一歩”の自信を持っていただくためのスキルとモチベーションアップのヒントをお伝えしました。


 まずは、自分の強みを見つけだし、存在価値を高めるためのコミュニケーション術を学んでいただきました。

 次に自らのリーダーシップスタイルを診断して、育て上手になるための指導法をご紹介。ここでは、上司を巻き込む「ボスマネジメント」や“敵”を作らない人間関係の作り方にも手応えある反響をいただきました。


 最後はビジネスゲームの体験学習です。5人一組となって新人から管理職まで役割を担って協働し、時間内に課題を完成させるというワークショップです。

 ゲームを通して、的確な報・連・相とスムーズなコミュニケーションを学び、生産性を上げるためのヒントを見つけていただくのですが、こういったゲーム型の体験学習に柔軟に対応できるのも女性の特徴です。

ただし、課題はスピード。東京でのセミナーでは時間感覚に敏感なのに対して、地方はのんびり型です。今回は締切時間を延長してようやく数チームが課題をクリアできました。

 セミナーの中でのゲーム型学習とはいえ、課題をクリアする達成感は自信をもたらしてくれるものです。あと、一歩、時間感覚が磨かれれば、九州女性たちは一層しなやかに、たくましく成長してくれるはずです。


 もう一つ、組織での協働で障害となるのは、「誰かがやってくれるだろう」「状況からして伝わっているだろう」という思い込みや受け身の姿勢です。この意識から脱却して、報・連・相を密にし、コミュニケーションの質と回数を改善できれば生産性も上げることができます。


 こういったワークショップを含め、マネジメントサポートでは様々なセミナーで参加型学習プログラムをご用意しています。それぞれの課題に応じて、カリキュラムを組むこともできますので、ぜひご活用くださいませ。



8月のOFF
博多での一人飲みはココ!
 数年前にホテルニューオータニ博多のコンシェルジュに教えてもらってから、よく一人飲みをするのが、中央区渡辺通りの『暮れ六つ』さんです。路地裏にある古民家風の和食店で、カウンター越しに板さんの丁寧な仕事ぶりを眺めながらお食事ができます。

20190820-02.jpg

20190820-04.jpg


 日本酒や焼酎をいただきつつ、名物の鶏の唐揚げに、ゴマサバ、一人もつ鍋など、少々食べ過ぎか(笑)。毎回、板さんに、登壇時の話題になるような地ネタを聞きつつ、セミナーの流れを整理します。これも登壇前夜の大事な時間です。

20190820-03.jpg
posted by 古谷 治子 at 10:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。