2020年07月27日

フルヤハルコ 女性社長のONとOFF vol.28

コロナの今年はマスト! 新入社員のフォローアップ

 6月は久々の出張で大阪の造幣局へ。新入局の皆さんに仕事の基礎について講演を行いました。3密を避けて長机に一人の着席、ディスカッションやロープレもないため、One-wayの講演でしたが、全員が入局以来在宅だったそうで、部署への配属直前にようやく仕事が始まったという様子でした。 

 今年は多くの企業で4月の集合研修は行われず、リモートでスタートし、6月からいきなり現場で実践が始まっているようです。従来なら4月の新人研修でビジネスマナーと仕事の基礎を学び、現場で実践研修を行ってからの始動ですから、新人さんはもちろん教育担当の方も探りながらのスタートです。

 これはとても手に負えないと、中小企業が多く集まる東京商工会議所にお悩みが寄せられ、今月27日、集合型の新入社員ビジネス基礎講座を担当させていただくことに。募集から多くのお申し込みをいただき、あっという間に定員に達してしまいました。

 今の新人さんは就活のスキルに長けているので、一見優秀ですが、自分では想定できないレギュラーに弱いです。そして優秀なだけに自己判断しがち。報連相を怠りがちで、危うくトラブルを生むという事態も発生しているようです。

 就活での応対と仕事の現場での応対では根本が異なります。一個人ではなく、企業の看板として組織を背負っている。この意識が薄いと、全ての仕事の基礎であるコミュニケーションを怠ってしまいます。

 仕事意識と基礎力の欠如も、言ってしまえばコロナ禍の一つ。この遅れを取り戻すのが、新入社員のフォローアップです。

企業背負う一員としてのモチベーションを持っているか、マナーは正しく身についているか、そして会社からの期待を知り、協働するためのスキルを習得する。この学びが1年後、2年後に自ら仕事を創造する自律へとつながります。

とは言え、自社では研修が間に合わない、そんな企業様はマネサポの新入社員フォローアップセミナーをご活用ください。

 半年を振り返っての自己課題の整理から始まり、人間関係を構築するためのビジネスマナーの習得、仕事力・協働関係力を強化するための実習まで、1日集中型で仕事の基礎力を身につけるプログラムとなっています。

 ウィズコロナの今こそマストのフォローアップ、開催は9月です。

 お早めにご検討ください。

https://www.ma-support.co.jp/open_lecture/follow-up_20200916/ 


(OFF)

毎日コツコツ筋肉貯金

 コロナ下で外出が減り、気になるのは運動不足です。急いで階段を降りたら、足がもつれてヒヤッとしたり。調べてみると、筋力は30代から減り始め、80代で半減するとか。何もしないでいると、あっと言う間に老化まっしぐらです。でも、今はジムも行けず、家でトレーニングも難しい。そこで唯一、続けているのが早朝のラジオ体操です。

 朝5時前に愛猫に起こされゴハンをあげた後、第一と第二の体操。軽い体操で効果はあるのかと思いましたが、意外にもラジオ体操は全身の約400種類の筋肉をまんべんなく動かすように考え抜かれた動きなのだとか。中でも腕を振って足を曲げ伸ばす運動は、下半身に効くそうです。ちゃんとやれば、スクワットに近い!

 消費カロリーは早めのウォーキングと同程度ですが、ちゃんとやれば究極の体操! 毎日続けることが肝心です。


posted by 古谷 治子 at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。