2020年09月23日

フルヤハルコ 女性社長のONとOFF vol.32

マスクでの登壇で気をつけること

 今月も変わらず、登壇はオンラインが中心ですが、集合での対面研修も少しずつ増えつつあります。20年近く続けている経営戦略研究所での講演では【マネジメントと部下指導】、大阪商工会議所では【女性活躍推進】、そして某大手銀行では【電話応対とマナー研修】をテーマに登壇しましたが、いずれも「何かあれば次はない」というほど細心の注意を払っています。

 受講生は長机1本に一人が着席、対面での研修ですが、「ディスカッションはなし」「ロールプレイングはなし」で行う場合も。もちろん、受講生側にマイクを回しての発言もなし。

 念入りな会場には講師席にアクリル板が設けられています。

 セミナーが2時間を越えても、顔が蒸れても、決してマイクは外さない。大きな声は出さずに、でも、マスクで声がこもらないよう、メリハリのある話し方を心がけています。

 おかげで終わった後は、どっと疲労が押し寄せます。

 何が疲れるって、受講生の反応が見えにくいことです。

 リアルな対面研修では、質問を投げかけ、回答を受けて解説し、ロープレやディスカッションなど会場全体の盛り上がりを見ながら展開していきます。

 Aという方向で盛り上がらなければ、Bの方向からアプローチする、反応が鈍ければ、進行のスピードを変えたり、ときには雑談も織り交ぜたり。

 ライブ会場のように空気を読みつつ受講生たちを引き込んでいくのが講師の手腕ですが、コロナになってからは反応をキャッチするのが難しいのです。

 例えば、経営戦略研究所の講義では、次代を担う“経営者のたまご”が集まりますが、全員マスクで顔をあげず、PCやスマホでメモを取っている。チャットなどオンラインのトークは饒舌で、リアルなコミュニケーションは不得手というのはいかにも今どきですが、経営者たるものがオンラインとリアルでコミュニケーションにギャップがあっていいのか、不安を感じます。

 ソーシャルディスタンスやオンラインが進む中、航空会社では遠隔操作するアバターによる接客も始まるとか。『テレイグジスタンス』と呼ばれる遠隔でいかに臨場感を出すかは、新しい時代の研修セミナーの課題でもありますね。

 新たな可能性を探りつつ、今は、マスク下でもいかに気持ちを伝えるか、目元だけでも笑顔が伝わるよう、表情筋をめいっぱい使います。

 これで顔が引き締まったら、思わぬ美容効果ですね 


(OFF)

いつか始めたい習い事2146845_s.jpg

 意外かもしれませんが、幼い頃はヴァイオリン少女でした。小学校から中学にかけて、学校に先生が来てくれたのをきっかけに、年に2回の発表会にも出て、レコードも作ったり。以来ずっと音楽がずっと好きで、会社勤めの時は銀座でエレクトーンを習ったりもしました。が、結局続かず。

 好きでもないのに始めて、苦しみながらもやっているゴルフがずっと続いているのは我ながら不思議です。

 今は、無性にドラムを習いたい。ハードロックに乗せて思いっきり叩くと、どんなにスッキリするでしょう。ハードな楽器に惹かれるのは、ストレスが溜まっているのか(笑)。このご時世では、新たな習い事は難しいですが、いつかまた、新しい挑戦ができる日を楽しみにしています。

9月10月はクレーム対応サポート強化月間

古谷登壇オンライン特別講義を開催します。

9月24日:『ニューノーマル時代、クレーム応対の基本と実践』

https://www.ma-support.co.jp/open_lecture/h-furuya-special-course-claim2/

10月1日:『ニューノーマル時代のハードクレーム、カスハラにどう対応するか』

https://www.ma-support.co.jp/open_lecture/h-furuya-special-course-claim1/

posted by 古谷 治子 at 13:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。