2021年02月08日

フルヤハルコ 女性社長のONとOFF vol.40

自分が苦しんできたからこそ。


 2月1314日はライフワークでもある『インストラクター養成講座』です。コロナ禍のいまは、多くの企業様で研修のオンライン化や社内での研修内製化を進められています。

 そこで今回は【社内インストラクター】に焦点を当て、社員教育のプロフェッショナルを目指すプログラム構成となっています。


 そもそも本講座を始めたのは30年以上前、有限会社を興したばかりで、マナー講師として登壇しながら専門学校を中心に営業回りをしていました。

 そのころのマナー講師は客室乗務員出身の方が多く、上品さや美しさが基本でもありました。

 私にはこの現状が物足りなかった。単にカタチを教えるだけでいいのか。いや、ビジネスマナーにはもっと会社を支える力があるはずだと。


 マナーは相手を思いやってこそ成り立つもの。その思いやりがカタチにできれば、経験の少ない若手でも胸を張って会社の看板になれる。自社の社員のマナーや行動は企業の信用となり、営業にも繋がります。

 単なるマナーではなく大企業でも中小企業でも、組織のマネジメントを支える考えや行動を伝授してこそ、プロのインストラクターではないか。

 組織を支えることが自分の使命であり、そのためには自分一人ではなく、「プロ」として企業を支えるインストラクターを育てたいと思ったのです。


 当時はいまほど社員教育の講座がなく、学べる場を探しつつ、研修事業を手がけていた大学教授の助手をしながら2〜3年かけて独自のインストラクションスキルを築き上げきました。

 無給で辛い思いもして、苦労してきたからこそ、同じ思いを抱える女性を助けたかった、そして働く女性の助けとなるスキルを1パッケージで学べる場を作りたかったのです。

 この考えに賛同してくれた東京商科学院専門学校で、「マナーインストラクター」の講座がスタート。当時話題だったリクルートのスクール情報誌『ケイコとマナブ』に1面広告を載せると、スキルを身に付けたい女性が殺到し、週に一度の開催から月曜から金曜まで、フルで開催する大ヒット講座となりました。

 マスから個人へと価値基準が多様化した90年代、時代の波にもうまく乗ったのかもしれません。

 プロフェッショナルとは、高度なスキルが収入の機会になるだけでなく、社会に役立ち貢献してこそ。プロのインストラクターの養成を目指しているからこそ、30年近くも本講座を続けることができているだと自負しています。

 ここから数多くの方が講師として自立し、全国で活躍しているのも私の誇りです。



どなたでも受講できる043.jpg

土日2日間の集中講義です。


マネジメントサポートの不動の人気である『インストラクター養成講座』は、社員教育のプロフェッショナルを育成する講座です。

 講師としての心構えや指導スキル、受講生に伝わりやすい指導のポイントからボイストレーニング、そして講義の組み立てやプレゼン方法まで、2日間の集中講義でお伝えします。

 お勤めの方にも受講していただけるよう土日に開催。今回はコロナ禍であることから社内インストラクターにも焦点を当てて、実践力を高める内容と研修となっています。

 不安な時代だからこそ、自分の身を助けるスキルを! 安心安全のため少人数での開催となっています。ご検討の方はお早めにご相談、お申し込みください。


社員教育のプロフェッショナルを目指す!『インストラクター養成講座2日間』

https://www.ma-support.co.jp/open_lecture/instructor_20210213/

日時:2021213() 14()

   10001600 ※2日目のみ 1610〜ベーシック検定実施

受講料:65,000円(税別) ※検定料含む

講師:マネジメントサポートグループ代表 古谷 治子

会場:ビジョンセンター田町203

posted by 古谷 治子 at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。