2020年06月05日

フルヤハルコ 女性社長のONとOFF vol.25

新しい研修の様式が好評です


 マネサポのオンライン研修、おかげさまで大好評をいただいています。

 4月の新人研修から始動して、6月1日には60以上の研修コンテンツをオンラインでご利用いただけるようになりました。

 研修は集合型が当たり前だったのが、わずかひと月で大変革。今やパソコンやタブレットを通して、いつでもどこでも教育が受けられます。


 手軽で安心だけどオンラインで成果が上がるのか? さまざまなお声も寄せられます。

 「テキストで学ぶだけの内容になるのでは?」

 「講師からの一方通行の指導にならないか?」

 「受講者の集中力が心配」

 「オンラインだと受講者同士の交流がはかれない」

  「ロープレができないと実践力が身につかないのでは?」


 そんな心配をクリアするのが手厚いサポートが自慢のマネサポ版「オンラインリモート研修」です。

  • 実践力アップを重視した講義スタイル

 <ロールプレイング、ディスカッション、演習の振り返りも行います>

  • グループワークの実施

 <受講者をグルーピングし、ワークやディスカッションを実施>

  • 講師と受講者の双方向コミュニケーションを実現

<シンキングタイム等も設け、受講者のペースに合わせて進行>

  <演習後に講師からのチェックと指導、チャット等で質問に返答>

  • 研修スタート前にはテクニカルチェックを実施

  <カメラやマイクのオン、オフの切り替えなど冒頭にご説明>

  • 集中力が持続する2時間のコンパクト講義

 もちろん集合型研修と同様に、独自開発のテキストもご用意。研修プログラムのカスタマイズも対応いたします。オンラインツールはZoomRGoogle MeetTeamsなどがご利用可能です。

 さらに成果を上げためには、【ブレンデッドラーニング】がオススメ。コンパクトなオンライン研修をベースに、eラーニングや少人数の対面型研修、成果チェックのための検定など課題に合わせた組み合わせもご提案いたします。


 20代から講師をはじめ、まさかこんな時代が来るとは思いもしませんでしたが、「オンライン研修、いいですね」「思ったよりしっかり学べます」「利用しやすい」「交通費や宿泊費など経費が浮いて、いまは助かる」など、ポジティブなご感想もいただき、正直、驚くほどの手応えを感じています。

 創業から28年研修一筋で走ってきた実績を詰め込んだオンライン研修、新人・若手向けもちろん、管理職向け、ハラスメントなど様々なジャンルをご用意しております。どうぞお気軽にご相談ください。



 OFF 

旅行もオンラインで?!

 昨年5月は、瀬戸内クルー20190526-11.jpgズに出かけていました。

2泊3日で瀬戸内の島々を巡り、オールインクルーシブで海山の幸を楽しむ、今から思うと夢の中のような時間でした。当時は予約困難でしたが、現在は休業中。旅行業界は相当な苦境に立たされています。

 とくに海外旅行は全滅か? と思ったら、オンラインでのツアーも中々の人気だとか。現地とネットで中継をつなぎ、ガイドさんの現地案内を自宅で楽しむそうです。「行った気になる」とまではいかなくとも予行演習にはなるでしょうね。価格は無料から有料でも1000円前後で、楽しみながらプランニングできるかもしれません。

 苦肉の策ながら、ピンチをチャンスにつなげなくては明日はない! どの業界でも同じです。




https://www.ma-support.co.jp/news/%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%a0%94%e4%bf%ae%e3%80%80%e7%b6%9a%e3%80%85%e5%ae%9f%e6%96%bd%e4%b8%ad%ef%bc%81/


https://www.ma-support.co.jp/news/e-seedo-release/

posted by 古谷 治子 at 13:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

在宅or出勤? 効率の低下が課題

 ようやく自粛解禁となりました。古谷の通勤ルートでもある品川駅も一気に人が増えましたが、引き続き感染が心配される中、テレワークを続ける方も多いでしょう。


 日本生産性本部が522日に発表した調査結果によると、緊急事態宣言後、働き方に変化があったかどうかについては、「特に変化はない」が40.7%でした。多くの人が在宅勤務していたような感覚もありますが、出社しなければ成り立たない職種も多く、働き方の変化は限定的なのかもしれません。

 とはいえ、時差出勤、短時間勤務、一時帰休は大きく普及し、中々進展しなかった働き方改革がコロナ禍によって図らずも進展したのは皮肉ですね。


 テレワーク勤務のうち、「週1〜2日出勤」と「0日出勤」の人は69%を超え、多くの人は週の半分以上をテレワークで働いていたようです。

 では、コロナ禍収束後はどうか、「続けてテレワークしたい」という人、「どちらかと言えばそう」という人も60%を超え、前向きな意見が多い。

 確かに会議も研修も、オンラインで可能です。通勤ラッシュからは解放され、女性はメイクも楽で済みますね。コミュニケーションが不得手だったり、周囲の目がない方が働きやすいという人も多いでしょう。


 とは言え、気になるのは在宅勤務の効率です。

 仕事の効率が上がったかの質問には、「下がった」「やや下がった」が66%を超え、期待通りの成果は上がっていません。

 自宅で集中して仕事して時短を成し遂げ、自由時間を有効に使える人はまだまだごく一部でしょう。

 いかに環境を整備して、働き方改革は持続しつつ、平均的に効率を上げるかは、経営者に課された課題です。

 仕事の進行管理を個人任せにせず、オンラインでこまめにマネジメントするのか、効率化を成し遂げたスタッフへの報酬の変化か、何れにしても、“リアルに会わない”分、以前にも増して「報・連・相」を徹底して、コミュニケーションのロスを防ぐべきです。

 また、ネット上でのデータの共有とセキュリティ対策も急務です。

 経済の危機が迫り、考えなければならないことは山ほどある。これだけ巣ごもりの生活スタイルとなれば、需要のボリュームが縮小するのは当然ですが、社会環境が変われば、また新たな需要も生まれます。 

 弊社の研修も日々、オンライン化、少人数化、3密防止対策を進め、オンライン研修においては講師と受講者との双方向コミュニケーションと実践性の向上を目指して、工夫を重ねています。

 変化と需要に敏感でなければ明日はない、そんな覚悟で日々出社しています。生きるか死ぬか、まるで女サムライのようだと自分でも思ったり(笑)。


 ON 

パワハラ防止法、いよいよ施工が始まります


 コロナ禍であっても始まるものは始まる。パワハラ防止法もいよいよ6月から施行されます。みなさま、防止措置への対策はお済みでしょうか。「中小企業はまだ先」と、油断は禁物。2年などあっという間にやってきます。

【指導】だと思っていても、相手が被害を受けたと思えば成立するのがハラスメントです。各々が無自覚を自覚するのはもちろん、職場風土の改善など、個人と環境の両面から改革を進めるべきです。

 まずは何から取り組むべきか、マネサポではハラスメント防止研修もオンラインでご利用可能です。サンプル動画をHPにあげておりますので、お気軽にご覧ください。

https://www.ma-support.co.jp/news/harassment-training-sample/

posted by 古谷 治子 at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

フルヤハルコ 女性社長のONとOFF vol.23

働き者だった母が、今いたとしたら?


 亡くなった母は本当に働き者でした。結婚前は箸より重いものは持ったことがないような箱入り娘だったそうですが、経営者の家に嫁ぎ、夫(私からすると父)が呑気だったこともあり、「仕事があるのにボーッとしてられない」と、急に働くことに目覚めました。いま考えると、60年前のチコちゃんか!?(笑)

 毎日、義理の親と小姑、子どもたちの世話と家事をこなしながら会社に出て、事務や経理を一から学んで経営をサポートしていました。

 子どもながら「いつ寝てるのだろう」と思ったほど。70代後半になってもパソコンの勉強をして書類を作っていました。

 そんな母を見て育った兄と私は、「働かざる者食うべからず」が鉄則。ともに経営者で社員を抱えていることもあり、休みが増えるのは苦痛です。

 働いていないと、お酒が美味しくない! 動いていないと不安になる!

 とは言え今は出かけることもできず、ゴールデンウィークは断捨離に勤しむ日々でした。時計10本をはじめバッグは10数個、洋服もろもろ。いただきものは別として、クローゼットから出しては、「使う、使わない、迷う」の3択でバッサバッサと分類していきました。

 元来、迷わない性分ですが、不用品整理は、「いるか、いらないか」で考えると進まず、「使っているか、いないか」で考えると良いのだとか。迷ったものは一旦保留にして、3つに分類したのもスピードアップのコツでした。


20200131-01.jpg

 とにかく身軽になりたかったので、見た目はもちろん心もスッキリしました。

 新型コロナの苦境は、誰にとっても人生最初で最後の試練でしょうから、これに比べたら何だってできます。

 「ステイホーム」で篭ってはいても、止まってはいられません。

 アフターコロナはどうなるか? 自粛解禁後もしばらく動きは鈍るでしょう。回復には1年以上かかるかも知れません。研修も営業も一度変わったスタイルは、完全には戻らないかもしれません。

 では、この苦境で見つけたものでどう挑戦に出るべきか。頭の中はその考えでいっぱいです。

 体が弱ってしまうまで動き続けた母のように、私も動きは止めません。

 新たな研修スタイルに備えてコンテンツの動画化、オンライン化、テレコミュニケーションを利用したサイバー空間で、どんな学びがご提供できるのか、アナログのくせに必死に、でもどこか楽しみつつ、頑張っている古谷です。



 ON 

報連相、オンラインでも学べます

 仕事の基本として大事な「報告・連絡・相談」は、例年、新入社員から「最も難しい」と声が上がります。

 「報連相」をしたくても、忙しそうな先輩・上司に声がけするのがハードルが高いのだとか。では、どんな風に声をかければ良いか、新人に声がけを躊躇させないために周囲はどう配慮すべきか。

 そんな「報連相」にまつわるスキルを動画で学べる『仕事の基本・報連相7つの鉄則』のストリーミング配信を開始しました。配属待機前の新入社員の個別学習に最適! 再現ドラマで学べる問題事例で実践力を磨くことができます。HPではサンプル動画もご紹介しております。ぜひご覧くださいませ。

https://www.ma-support.co.jp/training/7-iron-rules-of-report/

posted by 古谷 治子 at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする