2018年02月08日

興奮の嵐!『日本むかし話』

 あっという間に過ぎ去った1月、プライベートで一番興奮したのは、新橋演舞場の初春大歌舞伎、『日本むかし話』です。
 市川海老蔵さんの大ファンなので、成田屋さんの公演はほぼすべて観ていますが、そのなかでもダントツ! いま思い出してもゾクゾクします。

20180203_104947.jpg


 もとは海老さんの自主公演で上演したものを、初春用にバージョンアップ、宮本亜門さんの演出で、「浦島太郎」「桃太郎」「花咲か爺さん」「一寸法師」「かぐや姫」という5つの昔話をひとつにした新作歌舞伎です。
 海老さんの愛娘、麗禾(れいか)ちゃんの出演でも話題になっていましたね。

 まず冒頭からからして凄すぎる。レーザー光線が飛び交い、紗幕にはプロジェクションマッピング! なになに、これ、歌舞伎ですよね、というド派手な演出に、疲れきっていた私の眠気も吹っ飛びました。
 ここから宇宙と地球と異次元をつなぐ、壮大な物語が始まります。
 竜宮城から鬼が島へ、幕開けに出て来た不思議な石が、5つの物語を絶妙につないでいきます。
 桃太郎は鬼の視点から描かれていたのが新鮮! キャラの立った鬼たちに大笑いしました。
 一寸法師の目線で、姫が巨大に描かれたのもなるほどねー! キレのある舞踊も見事でした。
 誰もが知っている昔話も、立場や視線を変えることで、こんなに新しい物語になるのですね。宮本亜門さん、素晴らしいです。
 海老さんは、「ここ掘れ、ワンワン」の白犬で登場、宙乗りも披露して会場を湧かせてくれました。
 何より、一番の盛り上がりは、麗禾ちゃんのかぐや姫。星を散りばめたピンクの着物で愛らしい舞を見せてくれて、客席は涙、涙。
 海老さん親子を温かく見守る、満場の拍手に、また涙。
 最後はカーテンコールまであって、夢中で拍手し続けていました。

 驚きあり、笑いもたっぷり、昔話の人情が、歌舞伎の趣向とスペクタクル満載の演出で描かれて、本当に贅沢。老若男女、どの世代でも楽しめる舞台でした。終わったばかりだけど、もう一回観たい! 再演を切に願います。

 歌舞伎の楽しさは、培ってきた伝統をベースに、進化を続けていること。
 何度観ても、新鮮な発見があり、エネルギーをもらえます。 
 大好きな海老さんは、昼夜通しで、12役に挑みました。走り続けるこの人の
エネルギーも素晴らしい。ずっと応援したいと思います!

20180203_105413.jpg
posted by 古谷 治子 at 15:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

今年始めたい勉強は?!

毎年1月には、この1年の計画を立てて箇条書きにします。
 3年先、10年先にも目をやりながら、今年は何月に、なにをするか? 
 書き出すことで、自分の目標とその道筋が見えてくるからです。
 仕事はもちろん、プライベートでも、今年は何をしよう、とワクワクする時期です。
 人生100年時代、カラダも頭も健やかに暮らすためには、常に「学び」の精神で! 大人だからこそ、自己成長のためにも、学びが必要です。

 一昨年は着物について勉強しました。
 昨年はゴルフです。アンダー100を目指して、教室にもせっせと通ってがんばりました。おかげでどうにか、こうにか、100を切った日もありました。

 今年は、チーズを学んでみようかと思っています。
 大好きなワインをさらに美味しくいただくためです。
 だったらワインを、と突っ込まれそうですが、ワインの道は奥深く、果てしない。カラダのためにも飲み過ぎはダメ。
 だったら、主人にワインを勉強してもらって、マリアージュを目指して、私はチーズを(笑)。
 牛乳を凝縮させて作るチーズは、栄養価も牛乳の約10倍、少量で良質のたんぱく質を摂ることができます。
 カルシウムも小魚より豊富、美肌効果が期待できるビタミンAも豊富なので、女性にはうれしい味方です。
 また、アルコールを合わせると良いのは、チーズに含まれるアミノ酸がアルコールの分解に効果的に働くからです。
 ほんの少し勉強するだけで、興味津々。チーズの楽しみ方を気軽に教えてくれる教室もあるようですね。

 気になったら即やる派の古谷、今までも三味線やエレクトーンにも挑戦しました。
 ただ、三味線は正座が痛くて、体験の1日だけで挫折。足ビリビリで弾くどころじゃありません!
 エレクトーンも、頼み込んで体験をお願いしたところ、小さな子どもだらけでこりゃダメだと(笑)
 いつも初動は抜群なので、あとは継続あるのみ!
 チーズはワインのためでもあるし、カラダにも良さそうだし、きっと楽しく学べそうです。
 張り切って学んで、すてきマリアージュをまたブログで紹介しますね。

20171201_182659.jpg
posted by 古谷 治子 at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

大阪サテライトオフィス開設!

第26期で迎えた新年、大阪にサテライトオフィスを開設します。

 今月19日、大阪・新阪急ホテルでのCS推進事業の公開講座の折りに、改めて皆さまにご挨拶をさせていただきます。

 地方創世が謳われながらも相変わらず首都圏に一極集中、アウトソーシングも進む世の中に、なぜ敢えてサテライトオフィスを設けるのか?
 もちろん事業が第一です。関西から九州圏のお客様にもっと利便性よく、もっと効率的にセミナーを開催していただきたいという目的があります。

 加えて、私自身が経営を始めてからずっと考えていること、「経営者を育てたい」という思いからです。

 教育の最高峰は経営者を育てることだ。これは30年前に教育事業で独立してから、変わらない思いです。
 事業を抱えるという最高の責任と最高の負担、つまり最高のチャンスとなる場を渡して、最大の力を発揮してもらう。これが究極の教育だと思うのです。

 一人でやる事業では、最大の負担とは言えません。いつでも逃げられるからです。人を抱えて生産し、事業を拡げて、さらなる雇用機会を増やしていく。そして経済を回していくのです。
 これが、経営者が取り組むべき社会への貢献だと考えます。

 人を育て、経営者を育て事業を任せたい、その思いで、グループ内に事業を増やしています。会社を一から作るのは大変です。とてもお金がかかる。
 グループ内で事業を任せる方が、話が早いのです。そして採用面接では必ず質問します。「経営者になる気はある?」
 やる気がある人には、いつでも事業を任せたい。そして、自分が思っている以上の力を発揮してもらいたいのです。

 謙遜しがちな日本人は、自分の範囲を狭めがち。自己判断する自分の力なんて高が知れています。負荷がかかってこそ思わぬ力が生まれて、「案外できるじゃない」と、次のステージへとあがっていくのです。
 思うだけではだめ、行動すること。戌年ですもの、前へ、前へ走っていきます。その第一歩となる大阪サテライトオフィス、関西圏で登壇していただける研修講師の方、スタッフも募集中です。

 詳しくはHPトップのニュース欄をご覧ください

無題.png



posted by 古谷 治子 at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする